夫のブライアン(デヴィッド・ドゥカヴニー)と2人の子どもに囲まれ、幸せな日々を送っていたオードリー(ハル・ベリー)。しかし、ブライアンが事件に巻き込まれ死亡。その葬儀の日、オードリーは夫の親友ジェリー(ベニチオ・デル・トロ)と再会する。ジェリーはかつて弁護士だったが、今はヘロインにおぼれ、堕落していた。

出典映画『悲しみが乾くまで』 - シネマトゥデイ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「当たり前」の大切さを教えてくれる感動映画6本

当たり前になり過ぎて見失いそうになる幸せを見つめ直すキッカケになる映画、独断で紹介してます。

このまとめを見る