死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を2人の娘たちが見守る中、熱にうなされたアンは娘たちの知らない男性の名前を何度も口にする。そんな中、アンの記憶は1950年代のある出来事へとさかのぼっていく。親友の結婚式のため、海辺の町を訪れた彼女は運命の恋に落ちるが、その恋は取り返しのつかない悲劇を引き起こす。

出典映画『いつか眠りにつく前に』 - シネマトゥデイ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「当たり前」の大切さを教えてくれる感動映画6本

当たり前になり過ぎて見失いそうになる幸せを見つめ直すキッカケになる映画、独断で紹介してます。

このまとめを見る