1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

makkarockさん

広島と沖縄の温度差

なぜ“ヒロシマ”のアメリカへの怒りは収まってしまったのか?

野球という娯楽を通じて、「アメリカ支配になって日本が良くなった」ことを広島市民に実感させることができるとふんだ

広島での球団設立はアメリカ政府の意思だった。

潜在的に日本最大の反米感情を持つはずの都市を親米化する――。それが朝鮮戦争や、その後の安保成立にとって重要な伏線になるとCIAは踏んでいた

コードネーム ポダムの活躍

ポダムというコードネームのCIAのスパイが戦後日本で活動をしていた事実が2006年に明らかになった。

ポダムは戦後、A級戦犯として巣鴨拘置所に拘留され、その翌月には公職追放される。しかし裁判が行われることなく1947年に釈放される。

ポダムの尽力で1950年に広島カープが設立され、集客力のある巨人軍と同じセリーグに編入される。

広島球団が経営危機でも存続できた理由

1968年には広島最大のメーカーである東洋工業(現マツダ)社長が筆頭株主となりオーナーに就任、広島東洋カープと改称し、経営が安定

70年代にはそのマツダの経営が傾く。すると即座にアメリカのフォード社の資本が入り、マツダは米国系企業となる。

CIAのスパイ ポダムの功績。

地方都市だった広島に、野球文化を根付かせ、裏から資金供給を行うことで存続させ、結果として広島を親米都市として変えることができた。

1 2