1. まとめトップ

【関ケ原の合戦】の武将たちの家紋が入ったイケてるコインロッカー!

内府殿こと徳川家康、治部殿こと石田三成、黒田長政に福島正則、見事に果てた大谷刑部や裏切り者の小早川秀秋。男のロマンがつまった戦国絵巻の関ケ原!そんなみんなが愛した関ケ原の武将たちの家紋がなんとコインロッカーになっている!!関ケ原駅前観光交流館がアツい

更新日: 2017年07月01日

6 お気に入り 8595 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

orihoanさん

岐阜県の不破郡にある、関ケ原町。
西暦1600年10月21日に、天下分け目の関ケ原の戦いが起こった場所であり、戦国時代好きにはたまらない観光名所です。

JR関ケ原駅の目の前にあるのは、スタッフの方がおすすめスポットを教えてくれる関ケ原観光案内所。そして隣には、関ケ原駅前観光交流館があります。

お土産を販売しているこの交流館には、ユニークなロッカーが設置してあります。どこがユニークなのかと言うと…。

そういえばこれ関ケ原駅前の観光交流館に備えてあるコインロッカーなんだけど、関ケ原合戦に縁深い武将の家紋が施してあって、選ぶ楽しみもあってすごくよかった........三成さんのとこ使わせて頂いたよ.......... pic.twitter.com/pUe0M676DD

うわー!これ行きたいなあヾ(:3ノシヾ)ノシ 丸ファンも東西から関ケ原に集まるのかな?

推定兵力でロッカーの大きさが決められているなんて、ユニークな設定ですね。荷物が多い場合に、好きな武将の兵力が弱い場合は、どの武将のロッカーに入れるか悩みどころですね。

壊れているロッカーの案内も戦国。

壊れていたのは、推定兵力3000の『吉川広家ロッカー』。

普通ロッカーが故障した場合「只今故障中です」といった貼り紙が貼られますよね。しかし、普通じゃないのがこの『戦国武将ロッカー』なのです…。

か、カッコイイー!!

「只今故障中です」という貼り紙すら、戦国風に!言葉遣いも雰囲気抜群で、さすがとしか言いようがありません…。

ところで吉川広家といえば、毛利秀元の出陣を催促してきた西軍の使者に「弁当を食べてるから出陣できない」と言い放った逸話が有名です。(出陣したくない言い訳だと言われています)

▼その他にも町のいたるところで歴史を大いに語ってくれる「関ケ原」に是非いってみたいですね!

▼ヒストリアおまけ

1 2