1. まとめトップ

牛丼屋で一番おいしいお店は・・・吉野家、松屋、すき屋など比較

牛丼大手3社吉野家、すき家、松屋のなかで、一番おいしい牛丼はどれ?そのほかの牛丼屋でおいしいのはどこ?

更新日: 2018年06月26日

0 お気に入り 315156 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

artflowerさん

牛丼の味は極論からいえば、
牛肉の品質?味付け?もちろんそれも大切ですが、単純に牛丼で一番比重が大きいものは”ごはん”です。
ごはん=お米が一番おいしいものが牛丼の味に大きく差が出るといっても過言ではないでしょう。
次に牛肉と味付けが来るように感じます。
味付けに関しては吉野家、松屋、すき屋など各店の味付けの好みの差になりますが日本人の味覚でごはんが不味いと味付けが良くてもおいしく感じられないのが残念なところではあります。

また、これも好みの問題ではありますが、”つゆだく”や”並サイズの卵かけ(黄身だけでなく黄身と白身両方かけ)”は、ごはんの味を損ないかねない食べ方になるようにおもわれます。まずは何も足さないものを選ぶとよいでしょう。

2006年1月の時点では、店舗数は吉野家が一番多く、次いで松屋、すき家の順だった。それが2006年6月にすき家と松屋の店舗数が逆転し、すき家が第2位に。そして2008年9月には吉野家とすき家が逆転し、すき屋が店舗数ではトップにつくことになった。

店舗数ではすき屋がダントツで町でもよく見かけますね。

では牛丼チェーンをお店ごとに比較してみます。

あくまでも牛丼と牛丼のバリエーションのみで、豚丼やうな丼、すき焼きなどは今回は外させていただきます。

吉野家

牛丼といえば吉野家といっても良いくらい定番。他の牛丼チェーンを比較するうえで、基準となるお店。

吉野家の牛丼は味が一番甘く好みが別れる。

牛も基本はアメリカ産を使用していて味に対するこだわりが非常に強く感じる。

牛丼への想いが伝わり、ブレないのがよい。

最近は「吉呑み」や「ベジ丼」等新しいことにチャレンジしている。

肉やたまねぎは厚みで食べ応えがある。

隠し味にワインを使っているのが有名。
味付けは個人の味覚によるが、お米の味は一番おいしく感じられる。
個人的には牛丼のスタンダードの味を作り出した上に他社に味の面では抜かれていないところがすごいと思う。

しかし吉野家の味噌汁はいただけない。お湯を入れるだけのインスタント味噌汁を飲食店で出すところは今の所ここぐらいしか知らない。吉野家もやたら無料クーポンで味噌汁をつけてくるがはっきり言ってあの味噌汁ならいらないと思うのは私だけでしょうか。

吉野家に限らず、牛丼はアメリカから輸入されていた牛丼用の牛肉が一番おいしかった。しかしBSE問題で限定された年齢の脂身が少ない牛しか入らなくなった為各牛丼屋の味が変わってしまったのは残念である。

吉野家の各お店ごとにも味の違いがあり、同じ店舗でも出来立てのものと煮込まれたもの、玉ねぎの煮込み時間により味が変わる。

すき屋

味付けは比較的、吉野家に似せたもの。しかし味は吉野家に今一つ及ばないのは米の味が原因か?
しかしながら、ここのお店の特徴はトッピングにある。
牛丼の上にキムチやチーズや高菜と明太マヨネーズなどをのせていただくのだ。
ノーマルの牛丼では物足りないためついトッピングしたくなるが、ドッピングのおかげでノーマルの牛丼自体の味があまりわからなくなるので、牛丼を食べにきたのに牛丼を食べている感覚は無くなるというジレンマが。。。

キムチがのっている。
普通の牛丼に飽きた人にどうぞ。

とろ〜り3種のチーズがかかっている。
牛丼の余熱でチーズを溶かすため、溶け切らない部分がかなりある。その部分は冷たくロウの様なので、オーブンで温めて提供とかあればもっとおいしくなる予感。
吉野家にもチーズのトッピングがあるが、チーズが太く、さらに溶けにくくなっているためチーズのみ、すき屋に軍配が。

高菜の味と明太マヨネーズの味で完全に牛丼の味はしなくなるという牛丼。しかしすき屋の牛丼の中では一番好きかも。。。

松屋

昔から牛丼だけではなく定食メニューが充実しているお店。
2000年ごろ食べたカルビ焼肉定食屋や牛焼肉定食はスジ肉だらけでカミ切れない思い出が強い。
ちなみに牛丼と定食、どちらが売れているか簡単に調べてみた。

「松屋」編 | 「帰れま10」人気メニューランキング一覧(お試しかっ!)

「帰れま10」人気メニューランキング一覧(TOP) > 「松屋」編
「松屋」編 人気メニューBEST10 / 2010年11月08日放送
【スポンサードリンク】


順位メニュー
1位牛めし(並)
2位豚めし(並)
3位オリジナルカレーライス
4位生野菜
5位ソーセージエッグ定食
6位生玉子
7位ビビン丼(並)
8位デミたまハンバーグ定食
9位キムカル丼(並)
10位豚バラ生姜焼き定食

やはり上位は単価が安い丼ものが。

なんといっても昔から味噌汁が付いてくる店として有名。味噌汁のみそは大豆が残っているタイプでこだわりがみられる。
吉野家の明らかにインスタント味噌汁とは比較にならない。

カレーにも味噌汁が付くのでスプーンで味噌汁を飲む荒技も身につく。(テーブルにハシはおいてあります。)またここのカレーは個人的に辛いと感じるので、辛いのに苦手な人は注意してください。

現在牛めしとプレミアム牛めしがある。主に関東地方の松屋にて「プレミアム牛めし」を販売しており「プレミアム牛めし」と「牛めし」は併売していない。
価格差は90円程度。
「プレミアム牛めし」と「牛めし」の味の違いがありますが、それは後述するとして、乱暴ですが松屋の牛丼の味の傾向としては、吉野家の味が牛丼専用に作られた牛丼の味とするならば、松屋は甘みの少ないあっさりとしたすき焼きの味付けの肉を乗せた様な味に近いように思います。
お米のおいしさは松屋よりはおいしく、吉野家には劣るように感じます。

消費税の増税後、牛丼大手3社は、吉野家は品質を上げて値上げ(税込280円→税込300円)、すき家は値下げ(税込280円→税込270円)、松屋は10円値上げ(税込280円→税込290円)と3社違った対応を行いましたが、7月22日(火)より松屋が税込380円の「プレミアム牛めし」を順次松屋の店舗で発売し、税込290円の牛めしを「7月末までに関東中心に621店舗に拡大」し、プレミアム牛めしに切り替えるそうです。今回のパワーアップにあたり牛肉を冷凍からチルド肉に変更し、タレも変えて今までよりも原価率が高いという代物。せっかくなので普通の税込290円の牛めしと税込380円のプレミアム牛めしを食べ比べてみました。

「プレミアム牛めし」は牛肉は以前の牛めしに比べ旨味があり、かみ応えがあり、それが1番の違いに思えました。たしかに牛肉の品質は高くなったものの、吉野家っぽくなったという意見もうなずける気がします。

1