1. まとめトップ
  2. 雑学

SMAPだけじゃない…大物アーティストに多い「12月31日」の解散

衝撃を与えたSMAPの解散…実は「12月31日」に解散・活動終了したアーティストが多いのです。

更新日: 2016年09月22日

35 お気に入り 200172 view
お気に入り追加

◆世間をにぎわせたSMAPの解散報道

人気アイドルグループ・SMAPが14日未明、今年12月31日をもって解散することを発表した。

◆解散の理由は「グループとしての活動が困難」

SMAPのメンバーと所属事務所の間で、今後のグループ活動について半年以上の時間をかけて議論を重ねてきた

メンバー数人から「休むより解散したい」という希望が出たことを受け、「全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しい」として、決断が下された。

▽12月31日に解散・活動終了した大物アーティストは多い

◆X JAPAN

1997年4月、音楽性・方向性の違いを理由にToshlが脱退する。後任のボーカルを見つけられなかったため、9月22日に記者会見を開き、当日をもってX JAPANの解散を発表。

ファンに対する「けじめ」としてライブをしよう、とHIDEがYOSHIKIを説得。Toshlも参加して、1997年12月31日に東京ドームで『THE LAST LIVE〜最後の夜〜』を行い、コンサート終了後に出演した『第48回NHK紅白歌合戦』のステージで幕引きとなった。

新たにHEATH(べース)、SUGIZO(ギター)がメンバーに加入。

2008年1月20日
3月28日&30日東京ドーム公演を発表!

あまりの人気に急遽29日に追加公演が決定

◆チェッカーズ

メンバー
藤井郁弥 (リードボーカル)
武内享 (ギター)
高杢禎彦 (サイドボーカル)
大土井裕二 (ベース)
鶴久政治 (サイドボーカル)
徳永善也 (ドラムス)
藤井尚之 (サックス)

12月にラストツアーを行い、12月31日の第43回NHK紅白歌合戦出場を最後に解散した。

チェッカーズの解散理由は、幼稚園時代からの幼なじみである藤井フミヤと高杢禎彦の確執が原因と言われている。

この対立が露わになったのがドラムス徳永の死。この死去に際して、藤井フミヤらが「送る会」を提案したのだが、高杢らは発起人として参加することを拒否したのだ。これは、ファンにとっては少し寂しい結果であった。

幼なじみの二人は今なお仲違いをしたままで、再結成の噂は出るものの実現はしていない。

◆mihimaru GT

2006年リリースの「気分上々↑↑」が大ヒットを記録。
同曲で日本レコード大賞や有線大賞を受賞。

デビュー10周年を迎える男女2人組ユニット、mihimaru GTが今年いっぱいで無期限で活動を休止することが19日、分かった。

1 2





browser_brotherさん

音楽、ゲーム、映画、スポーツ、芸能、時事問題。気になったものはなんでも。



  • 話題の動画をまとめよう