1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

事故の原因は電光掲示板の故障!?…アンダーパスで水死した事件が悲しい

愛知県清須市の冠水したアンダーパスで死亡した事故で、入り口にある電光掲示板は修理中で、事故当時は通行規制を知らせる表示が出ていなかったことが21日、分かった。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年09月22日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 12995 view
お気に入り追加

○アンダーパスで車水没 重体の女性が死亡

愛知県清須市で20日、水没した車内から助け出された会社員・三摩佐都恵さん(69)が救出から12時間後に亡くなった。

中にいた69歳の女性が意識不明の重体になっていましたが、21日朝、搬送先の病院で死亡しました。

○病院に搬送されたが死亡した

20日午後6時半ごろ、愛知県清須市清須田中町でJRの線路の下を通るアンダーパスの道路が冠水し、車が取り残されて動けなくなりました。

意識不明の重体だった女性は、21日午前6時35分頃、搬送された病院で死亡した。

三摩佐都惠さん(69)が意識不明の重体になっていましたが、21日朝、搬送先の病院で死亡しました。

○このアンダーパスは大雨で冠水していた

道路はアンダーパスの手前の信号で通行規制がされていたが、三摩さんの車は規制とアンダーパスの間にあった駐車場から出てきたという。

このアンダーパスは台風16号の影響による大雨で冠水したため、20日午後5時頃から県が進入禁止にしていたといい、県警で経緯などを調べている。

地元消防によると、アンダーパスは周囲の高さに比べ、最大3メートル低かった。

○電光掲示板は故障中だったという

アンダーパス入り口にある電光掲示板は修理中で、事故当時は通行規制を知らせる表示が出ていなかったことが21日、愛知県への取材で分かった。

事故当時、清須市は台風16号の影響で激しい雨が降っていて、現場の道路はおよそ3メートル冠水。

電光掲示板は県が設置しており、大雨の際に「通行止」「冠水注意」と表示される仕組みだった。

○県は「不備はない」と考えているという

県道路維持課は「車は入らないだろうとの希望的観測があった。不備はないと考えるが対策を検討する」としている。

○このニュースはネットでも話題になっている

あの、車水没事故さ、電光掲示板が壊れてた云々じゃなくて、大雨なのにつっこむなよ

電光掲示板に頼らず、雨の日にアンダーパスを通るときは自分の感覚で判断してどうぞ。風の息吹を感じろ(適当)

電光掲示板が事故現場のみ故障しててその事故当日に修理依頼していた‥か‥

電光掲示板が故障していなかったら防げたかも知れないけれど、踏切の遮断器だってこの手の警告表示だって機械だから故障する。最終的にはドライバーが自分の判断で危険を回避しなければいけない。なんでもかんでも行政に頼り過ぎてないかな?

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。