1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

警官がまた黒人を射殺…米南部シャーロットで抗議デモが暴徒化している

アメリカ南部ノースカロライナ州で、黒人の男性が警官に射殺されたことをきっかけに大規模な抗議活動が発生しています。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年09月22日

Sanctusさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 26167 view
お気に入り追加

・また黒人を射殺 抗議デモが暴徒化

アメリカ南部ノースカロライナ州で、黒人の男性が警官に射殺されたことをきっかけに大規模な抗議活動が発生しています。

米ノースカロライナ州シャーロットで21日、2夜連続となる警察への抗議行動が発生した。

アメリカでまた何か暴動のようなことが……。

・黒人男性が警官に射殺されたことで始まった

抗議デモのきっかけは20日、集合住宅の駐車場で黒人男性のキース・スコットさん(43)が黒人警官に射殺されたことでした。

黒人男性キース・スコットさん(43)が、警察の指示に従わずに銃を持っていたため射殺したと説明したが、遺族側は「銃ではない」と主張し、言い分が食い違っている。

○射殺された男性は、警察が追っていた人物ではなかった

地元メディアが伝えた親族の話によると、スコットさんは当時スクールバスのバス停で息子の帰りを待っていたという。

また、この男性は警察が追っていた人物ではなかったことも判明、現地で大規模な抗議活動が起きています。

・デモ隊は暴徒化

デモ隊は高速道路を封鎖したり、警官に投石するなどし、暴徒化しました。

暴徒化した市民側が放火や投石を繰り返し警察官や車両を損壊させるなど、21日未明まで続いたがいったんは沈静化。

○警官16人が負傷

デモは20日の夜も暴徒化していて、警官16人が負傷しました。

・デモ隊と警察が衝突し、少なくとも1人が重体

市は撃たれた男性について死亡したと当初発表したが、その後「生命維持装置をつけており重体だが、死亡してはいない」と訂正した。

地元当局によると、別の市民の発砲によるもので、警察は発砲しなかったとしている。

1 2





Sanctusさん



  • 話題の動画をまとめよう