1. まとめトップ
  2. レシピ

コラーゲンぷるっぷる、低カロリーのカレイの美味しい食べ方♪抜け毛や白髪予防にも◎

味が淡泊なのに、栄養価が高い「カレイ」はダイエット中の人にお勧めの食材です!消化吸収も良いので、病人食や介護食にも・・!毎日カレイでも飽きない、バリエーション豊かな調理法をまとめました。

更新日: 2016年10月04日

152 お気に入り 17978 view
お気に入り追加

低脂肪高たんぱくのカレイは、ダイエットに適した魚!

カレイは、タンパク質、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、よう素、セレンなど、様々な栄養成分を含みます。低カロリーで低脂肪、そしてタンパク質を豊富に含む、ダイエットに適した魚です。

コラーゲンたっぷりなだけじゃなく、脱毛や白髪予防の効果も♡

カルシウムを送るコラーゲンがたっぷり入っている食材といえば「カレイ」です。カレイに含まれているコラーゲンは皮膚組織の水分以外では70%を占めるのです。細胞同士をつなぎ、酸素などを補給したり、骨組織にカルシウムを吸収するのを助けてくれます。

ビタミンB群のビオチンの含有量が魚介類の中で最も高く、皮膚の健康を保つ効果や脱毛、白髪の予防などの効果も期待できます。

「カレイ」と「ヒラメ」の違いって・・?

この2匹のさかなは、とってもよく似ていますよね。

お腹を下にして顔が右になるのがカレイで、料理の盛り付けも顔を右にして盛り付けます。

ヒラメとカレイの違いは「左ヒラメに右カレイ」と言われるように、お腹を下にしたときに顔が右になるのがカレイです。

【カレイは、調理法を選ばない万能な魚なんです!】

♦味が染みて美味しい「煮付け」

こんにゃくや焼きねぎ、ごぼうと一緒に炊くのもとても美味しいですが今日はごま油で軽く和えた白髪ねぎで仕上げました。

短時間で煮込まず味を染み込ませた煮魚が、電子レンジで簡単につくれます。

♦カラッと香ばしい「唐揚げ」

ぽん酢には、少し甘味をつけたほうが、酸っぱすぎず、よいと思います。中骨以外は、ひれなどもカリカリで食べられますよ♪

揚げるとほっくりした身が味わえるカレイ(鰈)を唐揚げでいただきました~。味付けは塩、荒挽き黒胡椒にオレガノとタイムを混ぜ合わせたような香りのマジョラムを加えました。

♦ふっくら、美味しい「ムニエル」

1 2





気になることをサクサクまとめていきます!



  • 話題の動画をまとめよう