1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

スウェットはNG?寝る時はやっぱりパジャマが正解だった

眠る時に、パジャマではなくスウェットなどの部屋着のままで布団に入っている方は意外と多いもの。しかし、眠る時にパジャマに着替えるのは皆さんが思っている以上に睡眠の質と密接な関係にあります。

更新日: 2016年09月23日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
84 お気に入り 79707 view
お気に入り追加

■寝るとき、何を着ていますか?

トレーニングウエアや、ジャージ、トレーナーなどをパジャマ代わりにしている人がいますが、おすすめできません

部屋着で寝てしまう人が多いようですが、やっぱり夜着は断然パジャマが良い

■安眠には周囲の湿度や温度が重要です

■安眠するには、やっぱりパジャマが重要なんです

パジャマの役割は、睡眠中に体から出る水分を吸収し、ベッドの中の湿度を適度に保つこと

睡眠時の発汗に一番最初に対応する寝具が、体に一番近い寝具である「パジャマ」なのです

■パジャマに着替えることで睡眠モードに

寝る前にパジャマに着替えると、起きている時間と眠る時間のメリハリを付けやすくなる

トイレで用を済ませてから歯を磨いて、パジャマに着替えるという一連の流れを、就寝前に行うことで身体がそのサイクルに慣れて、心身共に睡眠モードへと自然と切り替わる

■眠りの質を高めるためのパジャマ選び

綿素材などの吸湿性の高いパジャマは寝汗を素早く吸収して体温調整を助けるだけでなく、布団の中の湿度を快適な状態に保ってくれます

寝返りは一晩に30回程度うつと言われています。ですが、窮屈な服を着たまま寝ると、寝返りが打ちづらくなります

ピッタリとしたパジャマの場合、体を締め付けてしまうので寝苦しくなってしまいます

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する