1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

知らなきゃ損する!目からウロコな「アルミホイル」の活用法♡

キッチンに必ず常備している「アルミホイル」。実は色々使えてとっても便利なんです!今回はそんなアルミホイルの目からウロコな活用法を載せてみました♡

更新日: 2016年09月23日

552 お気に入り 119284 view
お気に入り追加

【1】食べずに飾っておきたくなる♡トーストアート

今、Instagramやネットで話題となっている「トーストアート」。 アルミホイル1枚あれば、とってもかわいいトーストを焼きあげることができるんです。 可愛すぎて、食べるのがもったいなくなっちゃいます♪

朝ご飯にピッタリのトースト\(^o^)/今SNS映えばっちりな驚く程可愛らしいトーストアートが大人気なのです!!

「トーストアート」とは、アルミホイルを使って食パンに好きなデザインを描いたトーストのことです。アルミホイルをうまく活用することで、食パンに焦げ跡と白い部分ができ、この組み合わせによりセピア色の絵画が浮かび上がってきます。

チョコペンなどで目や鼻を描くとさらにかわいさもアップ!とってもかんたんに作れるので、ぜひ挑戦してみてください。

【2】農家さんが推奨している♡傷みやすい桃を保存する!

出典entabe.jp

皮のままの桃をまるごとアルミホイルで包んでください。この時注意するのは傷つけないようにすることと、桃とアルミホイルの間に空気を出来るだけ含めないように包むこと。1つずつ包んだらそのまま冷蔵庫に入れてしまえば長めに保存できるんです。それほど保存期間が取れない桃なのに、約1ヶ月も保存ができてしまうという、目からうろこの「アルミホイル保存」。試してみない手はないですね!

甘くておいしい桃は、ひとたび熟すと傷みが早いですよね。すぐに変色して柔らかくなってしまいます。一般的に購入後、3日ほどで食べるのが望ましいと言われているほどです。

そんな時には、アルミホイルに包んで冷蔵庫に入れて下さい。包むときのポイントは、空気に触れない様にピッタリと巻く事!

キツく抑えてしまうと傷みの原因になるので厳禁です。たったこれだけで、桃が1〜2ヶ月も保存できてしまうと言うんだから驚き!

足の早い桃、アルミホイルで包むと長持ちするって聞いて二週間置いておいたらまったく傷んでなかった! びっくりΣ('◉⌓◉') pic.twitter.com/7Lx4JwIItp

先月末に義実家より届いた大量の桃。桃の保存にはアルミホイルが良いと知り届いた翌日アルミでピタッと包み半信半疑で冷蔵庫へ。アルミすげー!今剥いたやつ、届いた日と変わらん!見た目も中身も美味しさも!まだまだ美味しい桃を満喫できそう♡ pic.twitter.com/Ptjr3iG2RK

桃をぴっちりアルミホイルで包んで冷蔵庫に入れると長持ちすると聞いてやってみた。 こちらが3週間保存した桃。 なお実験に使用した桃はスタッフがおいしくいただきました(・∀・) pic.twitter.com/3ibuiUEuEX

【3】待ってる間にいろいろ作業が出来て便利♡ゆで卵を作る!

マイクロ波の性質を逆に利用して、電子レンジでにゆで卵をつくる方法があります。金属であるアルミホイルで包むことで卵が破裂するのを防ぎ、コップに入れた水をマイクロ波で温めてレンジの中で卵をゆでる、という方法です。

アルミホイルはマイクロ波を遮断する性質があるので、卵の中の黄身を沸騰させることなく温めることができます。まず卵をアルミホイルで包みます。そして大き目のマグカップなどに水を入れて、その中にアルミホイルに包んだ卵を入れます。

あとは普通に電子レンジを使って温めることで、ゆで卵をつくることができます。通常のゆで卵ならば500Wの電子レンジで10分間チンをすれば完成です。

レンジ作ったゆで卵は黄身がパサパサしにくく、しっとりと出来上がるようです。

卵にアルミホイルを巻いて容器に入れ、水をたっぷり浸しラップをかけれてレンジで9分。あっという間にゆで卵の出来上がり♪ #理科の実験 pic.twitter.com/KP508zQUIE

レンチンゆで卵にハマっています 卵をアルミホイルに包んでカップに入れ水入れて・・500Wのレンジで8分・・・ こんな感じです・・・ pic.twitter.com/Ch2wYKtYXT

レンジで卵をゆで、フィリングにするだけの簡単なお仕事です。サンドイッチは面倒なのでパンに乗せて食べるだけの簡単なお仕事です。使用済ホイルでシンクを擦るだけの簡単なお仕事です。 #ズボラ飯 #ゆで卵 #朝ごはん #シンプル #掃除 pic.twitter.com/TPIHvnWXdi

【4】ねっとり甘い♡焼き芋を焼く!

途中で何度か上下を返して、万遍なく火が通るようにすることがコツです。電子レンジや炊飯器で作るよりもパサパサ感はなくなり、水分が残っているため、ねっとりとした触感が楽しめます。

秋冬の風物詩「焼き芋」。家庭で作るとなかなか焼き芋屋さんの方においしくできません。そんな時におすすめなのがアルミホイルを使った調理方法です。焼き芋を作る時は、低温でじっくり焼くのがオススメ。オーブンの温度は低めに設定、160度で90分が目安です。

アルミホイルの上から、つまようじを刺してみて、さつまいもがやわらかくつぶれる程度になると、甘みが増している証拠です。

焼き時間が終わったらすぐに取り出さず、20~30分そのまま放置しましょう。 こうすることでささつまいもの中の方まで熱が通り、しっとり柔らかく仕上がります。

おいお前ら! スーパーで1つ130円で買った『安納芋』なんだが、アルミホイル巻いてオーブンで160度で90分、じっくり火を通したらこんな濃厚でねっとり!全くパサパサしないくっそうまい焼き芋が出来たぞ! くっそうめぇwwwwww pic.twitter.com/AoQHZHUsus

お芋洗ってホイルに包んで、160度オーブンで80分入れっぱなしにするだけ。芋羊羹かってくらい甘〜い焼き芋が出来るので、是非やってみてほしいです(ㅅ˙³˙)♡ pic.twitter.com/Kvirpx4eir

1 2





ramunenomitai7さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう