1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

azataさん

世界に誇れる“日本の良いところ”TOP10

1位 治安が良いところ
2位 交通機関が時間に正確なところ 
3位 清潔な環境 
4位 生水を飲めるところ 
5位 商品の品質が良いところ
6位 繊細で多様な食文化があるところ 
7位 温泉や入浴の文化があるところ 
8位 多様なサブカルチャーがあるところ
9位 コンビニが普及しているところ 
10位 自販機が普及しているところ 

番外
11位 多様なファッションがあるところ 
12位 温水洗浄便座が普及しているところ
13位 スリムな女性が多いところ

1位 治安が良いところ

世界で平和な国ランキング
1. アイスランド
2. デンマーク
3. オーストリア
4. ニュージーランド
5. スイス
6. フィンランド
7. カナダ
8. 日本
9. オーストラリア
10. チェコ

2位 交通機関が時間に正確なところ

「時間が正確なことが一番! 時は金なりを実践している」(28歳)
「外国ではかなり適当と聞いたことがあるから」(28歳)
「どの公共交通機関も大体時間通りに運行している事実はあるから」(28歳)
「時間ぴったりにくるので、予定をたてやすい気がします」(26歳

・5分の遅れで謝罪のアナウンスが流れる
・通勤・通学途中の乗客には遅延証明書が渡される
・1時間やそれ以上の遅れの場合、ニュースになることもある

3位 清潔な環境

「掃除が行き届いていて安心して使える」(25歳)
「外国に行ってみると特に感じる」(25歳)
「土足で家に入らない」(25歳)
「お店や街中でゴミをあまり見かけないから」(29歳)

日本の街を歩いても靴が汚れることはまずない。日本人は床に座る習慣があるため、足元の衛生環境には敏感。家の玄関で靴を履きかえることは当たり前で、学校でも室内に入る前にげた箱があり、上履きに履き替える。学校によっては上履きのほか、体育館用の靴を用意するところもある。そのため、登校は革靴で教室では上履き、体育館では専用の靴、体育の屋外授業の際には運動靴といったように、何足もの靴に履き替える学生も少なくない。こうした日本人の習慣が日本の清潔な環境を作り出しているのだ。

4位 生水を飲めるところ

「水道の水が飲めない国からしたらすごいことだと思う」(22歳)
「ほかの国では飲めないと聞き、日本のすごさを知った」(24歳)
「人間生きていくのに最も重要な水が容易に飲めるのは大きい」(29歳)

5位 商品の品質が良いところ

「家電製品等、壊れにくい」(26歳)
「商品の品質も然り、クレーム対応がすばらしい」(27歳)
「他国の製品はなにかしら悪いところが目立つから」(29歳)

6位 繊細で多様な食文化があるところ

「和食など、食に芸術性があること」(29歳)
「日本にいればどこの国のも美味しい料理が楽しめるし、日本料理は神!」(25歳

しかし日本の日本食はやはりウマい。。香港もそこそこのはあったけどレベルが違う。これを$10前後とか、この食文化だけはホンマ素晴らしいと思うよ。羽田の吉野家で店舗限定の高いの食ったんだけど、肉どうこうより日本米が。。もう。。(T▽T ナケル

日本人が誇る食文化のひとつ、日本酒! 今回は、バンクーバーの中でも最多の日本酒の種類を取り扱っている老舗の日本料理店、亀井ロイヤルさんに、日本酒の基本について教えてもらいましたよ。lifevancouver.jp/2016/09/food/9… pic.twitter.com/CuQP0XAkG6

7位 温泉や入浴の文化があるところ

「たくさんの温泉があり観光地として栄えている」(27歳)
「海外旅行にいくと、シャワーしかなかったりするので、お風呂に入れると嬉しかったりします」(26歳)

8位 多様なサブカルチャーがあるところ

「アニメ、漫画はじめそこから派生した声優カルチャー、コスプレカルチャーなど幅広い文化が日本でうみだされているから」(27歳)

1 2