1. まとめトップ
  2. 雑学

人間の潜在意識に影響を与える「サブリミナル効果」とは

現在、日本の放送では使用が禁じられているサブリミナル効果。

更新日: 2016年12月15日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
96 お気に入り 56394 view
お気に入り追加

■サブリミナル効果って知ってる?

サブリミナル効果とは、人間の潜在意識に無意識のうちに刺激を与えて影響を与える効果のこと

人が知覚する意識と、知覚しえない潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている

■映像によって潜在意識を刺激する

動画の中に全く関係のないメッセージやイメージを一瞬だけ (1コマや1フレーム単位) で混ぜるなどの方法がよく知られています

映像でいうと、スローにしなければ知覚できないほんの一瞬、趣旨とは無関係な画像をカットインさせる

■かつては地上波などでもこの手法が用いられていた

1995年5月、TBSによるオウム真理教関連の番組において、無関係な場面でオウム真理教元代表・麻原彰晃の顔が何度も挿入されていた事が判明し、郵政省による厳重注意の上でTBSが謝罪するという事件が起きた

1989年12月24日、日本テレビ系列で放送されたアニメ『シティーハンター3』でも、麻原彰晃の写真が1カット挿入されていた

■現在、映像作品での使用は禁じられている

1995年にNHK、1999年に日本民間放送連盟が、それぞれ放送基準を改正し、サブリミナル的手法の使用を禁止することを明文化した

現在、映画やテレビ放送などではほとんどの場合、使用を禁止されている

■嘘みたいな話だけど、その効果はすでに実証されている

「コーラを飲め」「ポップコーンを食べろ」という1コマだけの文字メッセージを繰り返し差し挟んだフィルムを放映した映画館で、コーラとポップコーンの売り上げが急増したという

映画館で映像を観ていたつもりが、いつのまにか潜在意識が影響を受け、多くの人がコーラとポップコーンがほしくなってしまった

■実際にサブリミナル効果が使用されているとされる作品

ディレクターズカット版では、この顔は31分29秒のところ、リーガンが病院で診療を受けている場面で見られる

公開当時、昔発禁となったサブリミナル映像を使った演出があることでも話題となりました

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する