1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

意外かも。何度も『オーディション落選』した人気女性タレントたち

人気の女性タレントたちはブレイク後の華々しい姿だけを見れば、そのルックスならそりゃ売れるだろ…などと思って見てしまいがち。しかし現在の活躍からは想像しにくいが過去に様々なオーディションに落選してきたという人は意外と多いみたいです。

更新日: 2016年10月01日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
41 お気に入り 124047 view
お気に入り追加

◆有村架純

2010年のデビューから約3年間、書類選考も含めると3桁に上る数のドラマやCMのオーディションを受け続けた。ただ「ほとんど落ちてばっかりだった」と振り返る

ブレークのきっかけとなった、2013年放送の『あまちゃん』では、能年玲奈が演じたヒロイン役のオーディションを受けたものの落選。助演に回された

「夢がかなう一歩手前でスパンと切り捨てられた気持ち。ショックで、悔しくて、泣きました」と声を落とす。しかし、だからこそ女優になりたいという気持ちが「本気だったんだ」と思えた

オーディションなしで抜擢されたという


右は脚本の岡田惠和氏

話題の映画に出演。就活で「落とされる」シーンも演じるかもしれません…

一見テレビで華やかに活躍してる芸能人でも ものすごく苦労してる事に驚き 有村架純とか

有村架純ちゃん本当に可愛いし演技上手だし、何より舞台挨拶行ったときにすごく腰が低くて丁寧で素敵な方だったな~ 女優になるまでの努力とかもう全部尊敬 本当に憧れる✨

◆押切もえ

ティーン誌への出演を経て「CanCam」専属モデルに加入するも、当時所属していた事務所が解散。交通費のためにアルバイトをし、スケジュールは自身で管理、オーディションを受けても落選する日々が続いた時期もあったという

とにかく大変だったみたいで、その経験から、今はタレントとしてモデル以外の武器を身に付けるため、絵画や小説を書いているのかもしれません

押切もえは美人だし性格良さそうだけど苦労オーラが出ているから幸せになってほしいなって思う… もえちゃんが出てた頃はcancam買ってたなぁ。

◆ブレイクした朝ドラ女優たちも過去には落選しまくりだったらしい

波瑠。これまでに、『てっぱん』(平成22年後期、主演:瀧本美織)、『純と愛』(平成24年後期、主演:夏菜)、『あまちゃん』(平成25年前期、主演:能年玲奈)のオーディションで落選

中学生の頃、『月刊デ☆ビュー』に出会い、たくさんのオーディションに応募しては落選する日々を送っていた

1 2





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!



  • 話題の動画をまとめよう