1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

映画の中だけじゃない!…将棋「初段」を授与された神木隆之介が凄すぎる

主演映画「3月のライオン」(大友啓史監督)のイベントに登場。サプライズで将棋のアマチュア初段免状を授与されるハプニングがありました。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年09月25日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
40 お気に入り 63010 view
お気に入り追加

○今注目の作品「3月のライオン」

『3月のライオン』は、2015年9月に、TVアニメ化と実写映画化が同時に発表され話題を呼んだ。

東京の下町に住む川本三姉妹やライバル棋士たちと心を通わせ、切磋琢磨しあうなかで成長する姿を描く。

17歳の棋士・桐山零(神木)が、同じ下町に川本あかり、ひなた、モモの3姉妹と出会ったことから棋士として人として成長していく姿を描く。

○先日、主人公・零のキャラクター写真が解禁された

実写・アニメ問わず出演作が大ヒットを記録している神木隆之介の、主人公・桐山零のキャラクター写真がついにお披露目された。

この度、本作で神木隆之介が演じる主人公・零のキャラクター写真が解禁となった。

原作ファンから零役を熱望されてきた神木は、美しい桜を背景にさまざまな感情を持ち合わせた表情を見せている。

○そんな、神木隆之介が映画「3月のライオン」のイベントに出席

主演映画「3月のライオン」(大友啓史監督、前編・来年3月18日、後編・同4月22日公開)のイベントに登場。

神木は「子ども将棋大会」全国大会表彰式に、日本将棋連盟の谷川浩司会長や矢内理絵子女流五段らと出席。

“天才子ども棋士”のチャンピオンの駒音が、零の子供時代の駒音として使用されることから、神木さんがプレゼンターとして登場することになりました。

○将棋のアマチュア初段免状を授与された

逆にサプライズで将棋のアマチュア初段免状を授与されるハプニングがありました。

「手元がいっぱい映るので手付きが一番苦労しました。荷が重いですが、もっともっと将棋を勉強していきたい」と気を引き締めた。

○本格的に将棋に打ち込んだという

今作の撮影のために本格的に将棋に打ち込んだといい「一から勉強ということで苦労したことはいっぱいあります」と回顧。

○このニュースはネットでも話題になっている

神木君三月のライオンのために将棋特訓して初段まで取っちゃうって凄すぎ…。

神木くんの才能が次々開花してくよな、映画のために初段とるし 才能の塊かよ・・・(ありがとうございます?

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。