1. まとめトップ
  2. ガールズ

オイルクレンジング=肌に悪いは間違い?ポイントは使い方にあった

オイルクレンジングは乾燥する、ニキビが出来やすい、肌に負担がかかる…なんてよく聞きますよね。でも、それ、実は使い方に原因があるようです。オイルクレンジングの効果と正しい洗顔方法をまとめてみました。

更新日: 2016年09月27日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
181 お気に入り 81377 view
お気に入り追加

▼オイルクレンジングというと、肌に悪いイメージが先行しがち…。

オイルクレンジングは乾燥する、ニキビが出来やすい、肌に負担がかかる…なんてよく聞きますよね。

肌への負担が大きくなってしまうため、お肌に悪いと避けられがち

▼そんなこと言われると色々考えちゃうよね(´;ω;`)

オイルクレンジングはすごい落ちるけどダメージ強いし、、メラニン色素反応してシワとかシミとかできやすいって聞いたよ、、

オイルクレンジングは肌に悪いって言うから一時期ミルクとかジェルとか使ってたけどやっぱオイルが一番肌の調子いいなって思ってたんだけど、今日肌診断してもらったらオイルが一番合ってるって言われて納得した

オイルクレンジングは肌に悪い!クリームクレンジングを使え!みたいなネットの記事見て衝撃受けてクリームクレンジング使ってた時期あったけど別に全然そんなことなかった

▼そもそもオイルクレンジングの本当の効果ってどんなの??

合成界面活性剤を使っているオイルクレンジングは、メイクを簡単に落とすことが可能です。

肌へのなじみがよく、落ちにくいメイクも素早く落とす高い洗浄力

オイルの特徴は洗浄力の高さと汚れ落ちの素早さです。優しく馴染ませただけでメイク料を浮き上がらせるほど洗浄力が高いので、摩擦が少なく短時間で済むことからお肌への負担が少なく済みます。

▼肌に悪いはウソだった?実は、それって使い方の問題なんだって!

オイルクレンジングは正しい使い方をすれば肌の負担にならない

正しい使い方さえすれば、欠点を補うほどのメリットがある

大事なのは肌に合ったタイプなのか、メイクの汚れに適しているか

□しっかり覚えておこう!オイルクレンジングの正しい使い方。

・オイルをつける前に顔や手は濡らさない。

濡れた手や顔にオイルクレンジングを乗せると、メイクとクレンジング剤がうまく混ざりあわなくなり、結果、クレンジング剤の洗浄力が大幅に落ちることになります。

オイルクレンジングをするとき、手や顔を濡らしてはいけない理由は、オイルクレンジングはメイクのオイルとクレンジング剤の成分であるオイルが混ざり合うことによって汚れを落とすメカニズムだから

乾いた手のひらに4プッシュ。
オイルの量が少ないと肌の負担になるので少し多めに。

・しっかりと「乳化」させてから洗うこと。

クレンジングオイルで1番大事なのが、「乳化」すること。乳化させずにそのままオイルで落してしまうとオイルが毛穴に残ってしまう

顔全体にオイルをのばしたら、一度少量の水を顔全体になじませてしっかり乳化させ(顔が真っ白になるのが目安)洗い流すのが正しい

→「乳化」って何?

1 2





lulu0803さん