1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ファンから最後の声援… 様々なプロ野球選手が引退試合を迎える。

週末に多くのプロ野球選手の引退試合が行われました。その引退試合の様子などについてまとめてみました。

更新日: 2016年09月26日

涼泉有樹さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 34904 view
お気に入り追加

・ロッテ・サブロー選手

ロッテ・サブロー外野手(40)が引退試合。「4番DH」で先発出場。

ロッテ・サブロー外野手の引退試合となる25日のオリックス戦(13時開始、QVCマリン)のスタメンが発表された。

ロッテや巨人で活躍されたサブロー選手が引退試合を迎えました。引退試合のチケットは入手困難となったほど人気がありました。

球場正面に設置するパブリック・ビューイング(PV)ブースでライブ映像が配信される予定だ。

球場正面で360度バーチャルリアリティ(VR)ライブストリーミング映像の無料体験を行うと発表した。

球場正面PVエリアで360度VR(バーチャルリアリティ)ライブストリーミング映像の体験イベントを行うと発表した。

引退試合をスタンドで見れないファンのためにパブリックビューイングが行われ、VRによる視聴も行われました。

引退試合で右中間二塁打を放ち22年間の現役生活にピリオドを打った。

オリックスの守護神・平野から右中間への二塁打。サブローらしい打撃で、自身の花道を飾った。

オリックスの守護神・平野が投じた低めの149キロを右中間にはじき返し、二塁打で締めくくった。

最終打席では二塁打を放ち、有終の美を飾りました。

・広島・倉選手

広島倉義和捕手(41)が25日、試合前にマツダスタジアムで引退会見を開いた。

倉は「8番・捕手」でスタメンに入り、先発の黒田博樹投手(41)と9年ぶりに“専属”捕手とのバッテリーが復活した。

黒田投手の専属捕手として活躍された倉選手が引退試合を迎えました。雨天によるノーゲームとなってしまいましたが、最後に黒田投手とバッテリーを組みました。

・中日・雄太選手

森監督代行から直々に白球を手渡されて投球プレートを踏み込み、代打・俊介を5球すべて直球で一邪飛に仕留めた。

中日の雄太投手が引退試合を迎えました。開幕11連勝を達成するなど活躍されました。

・中日・岩田選手

1 2





涼泉有樹さん

いろいろな分野のまとめを書いていきます。
ぜひ、まとめをチェックしてください。