1. まとめトップ

婚約指輪はもう古い?婚約時計のススメ

「宝石は永遠の輝き」なら時計は「二人の時間の始まり」といえますね

更新日: 2017年10月17日

5 お気に入り 62342 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

婚約指輪はプロポーズの際に贈られる指輪

婚約が成立してから贈る場合やプロポーズの際に贈るなどが一般的です、男性側の着手金も兼ねているため結婚指輪に比べて高価な事が多いです

値段の相場は婚約指輪は10~20万円未満がもっとも多いのですが、次点の20~30万円未満とわずかな差。この違いは婚約指輪についている宝石をどの程度重視するかによるようです。

最近は給料の3ヶ月分にこだわる必要も無さそうですね
宝石が増えれば増えるほど金額が上がります

婚約指輪の実用性について

「結婚する時に奥さんが婚約指輪が欲しい!っていうから奮発したのに普段全然使ってない。結婚指輪は毎日つけているけど、使いもしない婚約指輪をなんで欲しがるのかなぁ。たまにつけてくれればこっちも嬉しいんだけど」と言ってきました。

…さて、賢明なる読者諸君はここで気付いただろうか?



つまりだ、婚約指輪は”婚約してる間”しか基本つけない。

婚約して半年後に式を挙げて入籍…となると、婚約指輪が活躍する期間は半年しかない!



あとはたまに眺められるか、万が一のときに質屋に売り払われるだけだろう。

私は仕事柄、日ごろ指輪は絶対付けられないし、派手なダイヤがババーン!!!!っていうデザインが好きではないので、婚約指輪いらない派で貰ってない派。 その代わり、結婚指輪に小さなダイヤを入れてもらいました。シンプルでお気に入りです。この結婚指輪は大切!(1度なくしたけど)

そこで「婚約記念品」などはどうでしょうか

指輪にこだわる必要はありませんがやはり
「人に見せる事ができる」
「メンテナンスを重ねれば長持ちする一生もの」
「結婚指輪とは別の場所につけるもの」
などが望ましいと思われます

そもそも、婚約記念品は必ず贈らなければならないという事ではありません。カップルによって記念品に対する考え方はそれぞれですから、婚約記念品そのものがなかったとしても、2人でよく話し合って納得のいく結果なのであれば、風習などにはこだわらなくてもいいのではないでしょうか。

そこで「時計」がオススメです

実際に芸能人にも指輪ではなくブライダルウォッチを選んだ方もいらっしゃるようです。有名な話だと、ココリコの遠藤さんと千明さん。遠藤さんは婚約指輪の代わりにフランク・ミュラーの腕時計をプレゼントしたそうです。理由としては「結婚指輪は気に入ったものがなく、普段ペアで身に着けていても洋服ほど『寒くない』もの」を選んだからだそうです。結婚会見の際には満面の笑みでブライダルウォッチを見せつけてくれました

届いた後に時間を合わせる事により二人の時間が動き出します

@micankk  みかんさんありがとうございます(#^^#)こんなに素敵な時計なんですよ!と自信満々に見せている感じですね。婚約会見////たしかにこんな感じで嬉しそうに堂々と見せそうですね!

ただ今帰宅しました。プレバンから時計届いてました。これって、ペアウォッチ⌚ その昔、婚約指輪のお返しに相方にペアウォッチ贈ったの思い出しました。……結婚。

@2DAI5 @moegi_niconico 俺は買ったけど、大人になったって見栄もあるし。まったく着けないけどやっぱり買ってよかったとは思うよ。 若い子は結婚指輪をこだわってる方がおおいなー!婚約指輪のかわりに時計とかあげてるひともいる。

@little_mermaidy 私もお礼の品はあんまり知らなかったけど、婚約指輪もらったら女性からもなんか男性にプレゼントするんだって書いてあって(ゼクシィ)そういうもんなのかー(:3_ヽ)_ と。 時計が多いって書いてあったよ。私はネクタイピンにしたけど。

婚約指輪じゃなくて時計いいなあ。タグホイヤーとか一生着けれるし仮に結婚する事あったらやりたい

時計を贈る利点!

出典s2.qtn.jp

実は指輪などの装飾品は職場によっては禁止されている所が多くあります。
また上司が独身の場合、嫌味に移ることもあります

指輪を選ばない理由として最も多いのがコレです。たしかに企業によっては結婚後も仕事のときは指輪を外すという方も多いですよね。私も普段たくさんの年上の経営者などとお会いしますが、年配の方ほど指輪をされていない方が多いように感じます。感覚的には30台くらいのビジネスパーソンになると仕事上でも結婚指輪を着けている方をお見かけしますが、上司の多くが着けていない職場だと、自分も着けるのをためらってしまいますよね。「普段身に着けないで箪笥の肥やしになってしまうくらいなら、もっと実用的で仕事のときにも身に着けられるものがいい」という方がブライダルウォッチを選ぶのだそうです。

このほかに接客業では「商品に傷がつく」「盗難の心配」「仕事に必要ない」などの理由で禁止する場所があります。

男性が身につけても違和感のないジュエリーといえば時計かネクタイピンぐらいです。
ネクタイピンはあまり華美にすると目立ちますが、時計であれば落ち着いたデザインのものが多数存在します。
ペアで記念品を考える方にはちょうど良いといえます

実用的といいますか実用品を装飾している訳ですから当たり前ですね
針型の時計なら万が一遭難した時でもコンパスになりますよ

多くのハイブランドではジュエリーの他に時計も扱っています。
自分の好みのデザインがどこかに必ずあります。

これはあまり大きい声では言えませんが
婚約指輪を質屋に持ち込んでも大した金額にはなりません、せいぜい買った時の10%程度のお金です。
時計であれば人気のある商品で買値の50%超えもあります。いざという時には時計の方が役に立ちます

指輪の場合、体に肉がつくと装着するためには切断→接着のサイズ直しが必要となります。
しかし時計の場合は指輪よりサイズの余裕があり、また直す時も簡単です。

腕時計が選ばれる理由・番外編:ほかの異性に結婚がバレない

ちょっと意外な理由・番外編です。こんなことを言うと「結婚するときから浮気する気満々かよ!」と思う方もいるでしょうが、そうではありません。男性・女性のどちらも、仕事上で異性と接する機会が多い方は自分が結婚したということをビジネス上で見せたくないのだとか。たとえば「芸能事務所のマネージャー」や「女性社員の管理役」などがこの理由を挙げるそうです。仕事上でいろいろ気を遣うことが多いと、結婚するのにも一苦労ということですね…。

まぁこんな理由もあるということで

さいごに

「婚約といえば指輪!」のイメージですが二人のこれからの生活を考えるのであれば時計は本当にオススメです。
形にこだわって先走りせずにパートナーには婚約記念品は相談してもらいたいという事を伝えましょう

1