1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

観光地として絶望的に…?いまパリに起きてる異常事態

花の都「パリ」ですが、テロが発生し人気が激減。更に新たな問題も発生しているようです。

更新日: 2016年09月26日

zuckzuckさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
58 お気に入り 205727 view
お気に入り追加

パリの街が「移民」だらけに…

近年は中近東や東欧、中国などからの移民も増え、パリジャン・パリジェンヌも多民族・多人種化している

「移民」の割合は年々増えている

この2年間でパリには過去に例のないほど多くの難民が流入している。毎日何十人もの難民が新たにやってくる

北アフリカや中央アフリカ、トルコ、南欧など、外国から移り住んできた人を親に持つ子供の割合は、18歳未満で半数を超えている

数百のテントからなるキャンプではマットレスが地面にじかにひかれているなど、衛生条件も悪い

移民を管理しイメージ回復を狙う

イダルゴ市長は、パリ市内では初となる難民キャンプを10月中旬にオープンすると発表

公的スペースに次々と現れる仮設キャンプは健康面や安全面で問題があり、人々は劣悪な環境での暮らしを強いられて、周辺の住民にも迷惑がかかっている

主に短期滞在の男性を受け入れる。定員は400人だが、近い将来に600人まで増やす方針

テロも発生し"パリは危険な場所"のレッテルが…

去年相次いだテロ事件の影響で観光客が減少しているフランスのパリ市

各国からの観光客が減少、中でも日本人宿泊客の減少が著しく、同46.2%とほぼ半減

第1四半期のホテル稼働率は、2015年から7.7ポイント減少して、57.3%に落ち込んだ

来週は家族とパリに観光する予定があったが、昨日観光局が参加者が少なすぎてその観光ツアーもキャンセルと連絡して…

「パリは復活してるよ!」起死回生の作戦を実行

パリ市は30万ユーロ、日本円で約3400万円をかけPRビデオを制作

フランスの映画監督が制作し、エッフェル塔や凱旋門などの名所で笑顔を見せる人たちや、パリ中心部で買い物やジョギングを楽しむ市民の姿を描き、街が落ち着きを取り戻したと強調

パリのPRとして3400万円で作られた動画。

空港や航空機内のほか、観光客の落ち込みが激しい日本などの街頭で放映される予定

フランスの政府や経済団体と合わせて日本円にして2億円以上を投じるなど、観光客の誘致を強化する

1





zuckzuckさん

それだけ見ればざっくり分かるまとめが好き(*´∀`)

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう