1. まとめトップ
  2. カラダ

缶コーヒーも実はNG!?昼過ぎの「眠気」を防ぐコツ

お昼過ぎには眠くなる…。実はコレを防ぐ方法がある!!

更新日: 2016年09月27日

198 お気に入り 187492 view
お気に入り追加

まずはお昼のランチに注目

それを下げるためにインスリンが大量に分泌された結果、今度は血糖値が下がりすぎて低血糖状態に陥っている

低血糖はその名の通り、血液中に糖分が足りない状態なので、脳でも糖分が足りなくなり、眠気を起こす原因となります

満腹によって、食物を消化するために胃を中心とした内臓に血液が集中するということが眠気をさそう原因として挙げられます

これは消化吸収活動と呼ばれる働き

そうすると脳の血流が少なくなり、脳の酸欠状態を起こします。これも眠気の原因です

満腹時の眠気は多様な原因が重なって生じますので、回避することは困難ということが言えます

ラーメンや牛丼やパスタ等、単品メニューは炭水化物に偏るため、血糖値を急上昇させます

血糖値が急上昇ってことは…眠気が早く来るってことか

親が茹でてくるパスタの量がエスカレートしてきてすげえ満腹になったし死ぬほど眠い

それを防ぐのは野菜やきのこに含まれる食物繊維。みそ汁、お浸し、サラダなどで食物繊維を摂りましょう。タンメンや中華丼など、具だくさんのものでしたら単品でも大丈夫です

飲めば飲むほど眠くなる…?

多くの人が朝の目覚めにコーヒーを飲んだり、仕事中や休憩中にコーヒーを飲む通り、コーヒーに多く含まれる「カフェイン」には覚醒効果があることが一般的に知られています

ところが!!!

缶コーヒーのなかでも砂糖の入ってるものは、かえって眠気を催したり、集中力を低下させたりする危険があるというのです

缶コーヒーは微糖でも角砂糖1つ、通常のものは3つ分の角砂糖に相当する糖分が含まれています

砂糖は体に吸収されやすい糖質のため、血糖値が一気に上がります

血糖値が上がるって…さっきの「満腹」説明と同じだ!

血糖値が急速に上がると、それを下げるために、膵臓からインスリンというホルモンが出ますが、今度は血糖値が下がりすぎてしまいます

仕事の能率を上げるために缶コーヒーを飲むなら「砂糖の入っていないもの」を選ぶこと。一度、いつも飲んでいる缶コーヒーの原材料表示をチェックしてみて下さい

砂糖の入ってないもの=ブラックコーヒー

今までコーヒーブラックで飲めなかったけど眠いときにブラックコーヒー飲んで眠気がスーっと引く感覚が病みつきになってしまった

これも眠気に関係あったとは…

1 2





あずきファミさん

仕事終わりにマイペースで更新します。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう