1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ちょっとしたことで!食費を「1万円」減らすコツ

簡単にできてこれなら結構続けられそうですよね

更新日: 2016年10月01日

1737 お気に入り 568896 view
お気に入り追加

食費を減らすのは意外とカンタン!

例えば、1日200円の節約をしたとします。1~2回分の外食を控えれば、1ヶ月に食費1万円も減らせるのです。

1カ月30日として、1日200円でも6000円減らせます…!

まずおすすめなのが「100円ルール」

買物の100円ルールを始めてみましょう。食材を買うときにはあまり底値にこだわりすぎる必要はありません。

買ったものの把握もしやすいので、節約の意識も高まります◎

お肉は100g100円以内、魚は1切れ100円以内、野菜は1パック100円以内と100円を基準に考えることで金額把握も簡単に。

「新商品」は買わない!!

新商品が出るたびに試したくなることがあります。この習慣を付けてしまうと、新しいものが出た途端に買いたくなってしまいます。

似たような調味料をついつい新商品だから…と手に取ってしまっていませんか?

新商品が出たらすぐに試してみたくなりますよね。でも、同じようなものが冷蔵庫に眠っていることがほとんどなんです。

「給料日」にすぐ調味料を買う◎

大抵、給料日から数日の間に美味しいものを食べたりと多くにのお金を浪費して給料日前に四苦八苦しているケースが多いのではないでしょうか?

ぜいたく品…ではなくお醤油などよく使うものから買いましょう

なくなりそうな調味料を給料日後にまとめて買うと、食費管理が簡単になります。PB商品なら安値安定、特売日に関係なく買うことができます。

買い物は週に1回だけでいい

「本日の目玉商品」につられて行っていては、スーパーの思うツボ。スーパーに立ち寄れば余計なものをつい買ってしまうものです。

買い物は週1~2回で済ませます。スーパーへ行く回数を減らせば、お菓子の買いすぎなど無駄も省けます。

ちょっと冷蔵庫が寂しいな…というぐらいの状態になってもOK

週に1度は中を空っぽにするようにしています。すべての食材を見える配置にすることで、捨てることなく使い切ることが出来るのです。

足りなくなったら買い足すようにすることでムダが減らせます◎

サイフには使う額だけ入れておく

お買い得なものがあればついつい手が伸びてしまうもの。お金を幾ら使うか予め設定しておけば無駄な出費を抑える事が出来るでしょう。

1週間で使える金額が計算できたら、そのお金のみを財布に入れて買物へ行きましょう。

調理がカンタンなものを買おう!

冷蔵庫に、焼く・茹でるといった調理をしなくてもすぐに食べられる簡単な食材を常備しましょう。卵や納豆、チーズやハムといったものは冷蔵庫に置いて損はありません。

1 2





チョコバナナクレープさん

クレープといったらチョコバナナっしょ♡

このまとめに参加する