1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

浜崎あゆみに続き伊達公子の国際結婚が破綻! 外国人を夫にした女性有名人たち

伊達公子が離婚を発表。今年だけで女性有名人の国際結婚が3つも破綻。宇多田ヒカルをふくめた国際結婚をした女性有名人をまとめた。

更新日: 2016年09月27日

mashikaraさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 74453 view
お気に入り追加

◆ 伊達公子が離婚をブログで発表した!

テニスの伊達公子(45)=エステティックTBC=が27日未明、自身の公式ブログでドイツ人レーシングドライバーのミハエル・クルム(46)と26日に離婚したことを発表した。

伊達は「Announcement from Kimiko & Mike」のタイトルでブログを更新。「2016年9月26日にMikeことMichael Krumm と離婚したことをご報告させていただきます」とファンに報告した。

「(共に過ごした)16年間の時間はやはり短いものではなく、寂しさは当然感じますが、お互いがHappyでより良い人生を送るための決断です」と報告している。

1996年に現役を退いた伊達は01年にクルムと結婚したが、08年に現役復帰したことで、2人の生活にすれ違いが生じたようだ。

また「離婚をしたこれからもその関係は大きく変わることはなく、友達として会うこともあるでしょう」と、今後も良好な関係は続くことを示唆した。

伊達は01年12月、自動車レーサーのミヒャエル・クルム氏と結婚。現在は手術した左膝のリハビリ中で来年の復帰を目指している。

◆ 浜崎あゆみは年の差国際結婚を終了させたばかり

〈3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれ別の道へ進むことになりました〉歌手の浜崎あゆみ(37)が9月11日、夫の米国人大学院生と離婚する意向を示すメッセージをファンクラブサイトに掲載した。

「3年間パートナーとして友に歩んできた彼と、それぞれ別の道に進むことになりました」としている。

現在の夫は結婚当初、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校の医学部に通う大学院生で、‘13年12月に婚約、翌年3月に婚姻届を提出した。その後、浜崎は活動の拠点をロサンゼルスに移していたが、昨年7月に再び日本へ戻ってきていた。

浜崎さんと言えば、2011年にモデルであり俳優のオーストラリア人のマニュエル・シュワルツさんと日本国内での婚姻手続きをしていなかったため、戸籍上は未婚のままではありましたが、結婚、そして離婚されています。つまり、これでバツ2となることに。

2015年10月、週刊誌の報道で夫が大学院を辞めていたことが発覚。先に拠点を日本に戻していた浜崎の元に、アメリカで医者を目指していたはずの夫もいつの間にか転がり込んでいたといい、マスコミの間では『“ヒモ夫”になったのか?』と囁かれていたものです。

◆ 武田久美子は2年の泥沼の末に今年ようやく離婚したばかり

今年1月に、1児をもうけた米国人男性との間で離婚が成立した武田久美子だが、最近では日本に帰国して本格的に芸能活動を展開している。

今年の1月にアメリカ人の夫と離婚が成立した武田久美子、今は娘を学校とレッスンに送り迎えする日々で新しい彼氏を作る機会がないという。

武田が製薬会社勤務の元夫と結婚したのは’00年。“20世紀最後の日”に行われた挙式では「一生の思い出になった」と彼女は、涙を浮かべた。しかし、価値観の違いから、’14年2月から離婚協議に−−。約2年続いた離婚協議は、“泥沼”とも報じられた。

現在、夫から受け取っているのは娘を育てるための養育費のみ。慰謝料はいっさいもらわなかった。「娘の親権は私になりました。でも、娘はいまも夫のもとへ行ったりしています」

◆ 一方、宇多田ヒカルは経済が理由で離婚することはないと宣言!

宇多田はTwitterで、「私が人生のパートナーに求めるものランキングの最下位:経済力」と離婚危機を否定。

私が人生のパートナーに求めるものランキングの最下位:経済力

1 2





mashikaraさん



  • 話題の動画をまとめよう