1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

不気味で可愛い?!村上春樹作品に登場する『羊男』ってなんだ!

これであなたも『羊博士』

更新日: 2016年09月28日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 6169 view
お気に入り追加

Q:『羊男』って何物?

A:村上春樹さんの作品に出てくるキモカワ系のキャラクターです

羊男(ひつじおとこ)は、村上春樹の物語に登場する架空の人物。

北海道の山奥や、真っ暗などこかの空間、図書館の地下にいるなど、住む土地は不定。共通して羊の格好をした人間である。

羊男協会が存在し、羊男は一人ではなく、何人も存在する。

羊男はたくさんいるんだよ。羊男協会があるんだよ。入りたいよ。そして羊臭いよ。

@harucan0731 村上春樹で一番羊男がスキなんだよ オレも羊男協会入りたい

▼羊男が主人公の絵本

羊男は聖羊祭日に穴のあるリング・ドーナツを食べてしまった。そのせいでクリスマスソングの製作に当たり、ある方向からの圧力が発生し、製作が難航した。羊男は棒状のツイスト・ドーナツを持ち秘密の穴にはまった。羊男はさらに穴の奥に入っていった

@RyosukeWexer 【羊男のクリスマス】の中の1ページ 羊をめぐる•••の登場人物が、いっぱい出てくるんですよ♪ りょーすけさんにも 優しい風を(σ´з`)σ*'``*:.。. .。.:*・゜゚ おやすみなさい☆ pic.twitter.com/NixzhP69kt

ナイス【羊男のクリスマス (講談社文庫)/村上 春樹 他】この深みがわかるにはどうすればよいか?208、209が素敵で良かった。きっとこれは繰り返すスパイラルの様なもの。だからこち →bookmeter.com/cmt/59032499 #bookmeter

サンタさんは来ないけれど... 読みたくなる羊男のクリスマス☆ pic.twitter.com/rlWPDWTUVU

子どものころ、村上春樹の『羊男とクリスマス』って本が大好きでね 劇中で直径2m、深さ2m3cmの穴の中に羊男が入るんで、庭に同じサイズの穴を再現しようとしてしこたま怒られたことがある

▼『羊男』には呪いがあります

6月15日に月を見上げたり、12月24日のクリスマス(羊男の間では聖羊祭日)の日に穴のあいた食物を食べると呪われてしまう

穴の開いた食物 例:マカロニ、ちくわ、ドーナツ、イカ・リング、たまねぎの輪、他。

呪いというのは、ピアノを弾けなくなったり、それによって作曲をできなくなってしまうというもの

☆『羊男のクリスマス』(村上春樹 文/佐々木マキ 絵 講談社) 「聖羊上人」のためのクリスマス音楽を依頼された羊男。 クリスマス4日前になっても全く曲が作れない羊男の「呪いを解くための」旅。 ラストシーンにグッときます。 うまいなあ pic.twitter.com/P0WKbPTIfy

▼呪いなのに、ドーナツを食べたくなる人続出

村上春樹『羊男のクリスマス』読了ー。シナモンドーナツとねじりドーナツが食べたくなる。

久々に羊男のクリスマス読みたくなってきた あれ見てるとドーナツ食べたくなるんだよなぁ pic.twitter.com/BDxzH43494

@asmrrr 羊男のクリスマス 講談社 amazon.co.jp/dp/4062023636/… @amazonJPさんから これを読むとドーナツが食べたくなって、右ねじと左ねじが気になるようになるよ

▼かわいいとの声もあります

村上春樹の【羊男のクリスマス】 はまったwこの羊が何ともかわいい 羊と……w pic.twitter.com/LQMGcmOgg6

たぶん この装丁の本は、大切すぎてあまり読んでいないはず。汚さないよう、大事に読もう。かわいいなあ羊男…… pic.twitter.com/0FR72dlI

1 2





漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう