1. まとめトップ

2017年放送予定の新ドラマ情報まとめ!2017新ドラマおすすめ!(随時更新)

2016年のドラマが中盤戦に入る中、続々と新しい年の情報が入ってきて、2017年は何を観よう? ここには2017年放送予定の新ドラマ情報をまとめる。2017年大河ドラマや新ドラマについて、それぞれ主演、キャスト、ストーリー、原作情報などを掲載している。

更新日: 2016年10月19日

2 お気に入り 60969 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

光の香さん

2017放送ドラマ

2017年放送・配信、鈴木亮平と前田敦子が出演

本作はモンキー・パンチのマンガ「ルパン三世」に登場する刑事・銭形幸一を主人公に据え、オリジナルストーリーで展開する刑事ドラマ。

銭形警部と言えば、声優さんが演じている声のイメージがあるので、その部分も引き継ぎながら、そこに自分の声をプラスして新しい銭形警部像にしていきたいです。これだけ有名なキャラクターなので、正直プレッシャーもありますが、毎回、監督に「これで大丈夫ですか?」と確認しながら魂を込めて役作りをしています。「実際に銭形警部がいたらこんな人なんじゃないかな」と思っていただけるように、銭形が持つダンディズムと可愛らしさを表現しながら、スケールの大きい刑事ドラマを作り上げたいと思っています。

鈴木亮平 コメント

男性に囲まれてバリバリ働いている、正義感ある新人女性刑事・桜庭夏希を演じています。あの銭形警部を鈴木さんが演じると聞いて、真っ先に「面白い!」と思いました。すごく勢いがあり、楽しいドラマになると思います。毎回わくわくしてもらえると思いますし、カッコイイ新しい銭形警部を楽しみにしていただきたいです。

前田敦子 コメント

2017医療ドラマ

出演者:木村拓哉(木村拓哉の配役は凄腕の医者になる)

「Get Ready!!」は医療ドラマとして放送されることがわかっています。

元々このドラマ「Get Ready!!」は2016年の秋ドラマとして放送予定があったようですがSMAPの解散報道があったことや大人気医療ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」が放送されることが決定したため1月に延期となったと報道がありました。

2017SPドラマ

2017新春放送!

櫻井くん演じるドラマの主人公、鷹匠和也(たかじょう・かずや)は、交通事故で脊髄を損傷する大ケガを負い、車いす生活を余儀なくされた元Jリーガーです。



絶望の中、車いすバスケと出合い競技を開始。困難に立ち向かう主人公の姿と温かく支える妻との夫婦愛を描いている物語です。

「見所は大きく二つあると思います。実際に僕が会場に見に行った時に思ったことは、車椅子バスケの迫力…例えばタイヤの焦げる音、ぶつかる衝撃など、バスケットボールとは違う魅力が詰まっているスポーツだということです。その迫力を、会場で生で見るのとは違う“ドラマ”という表現でお伝えできることが一つの見所です。そしてもう一つは、人間ドラマでしょうか。僕が演じさせていただく役の中の“いろいろな感情”というと少し雑に聞こえてしまうかもしれませんが、時に挫折感が映ることもあれば、立ち上がっていく時の泥臭さが映ることもあり、夫婦の深い愛情が見えることもある、というように、シーンごとに見る人によって感じ方が違ってくるのではないかと思っています。力強い作品になりそうだと思っています」

櫻井翔のコメント

2017連続ドラマ

2017年1月放送決定!

主演:仲間由紀恵

宮部みゆきのミリオンベストセラー「楽園」を、主演に仲間由紀恵を迎えて初の映像化。社会の暗部を精緻なタッチで描き出したヒューマンドラマの最高峰。

当時15歳の娘を殺害し、遺体を自宅の床下に16年間隠していた土井崎夫妻の事件がニュースを騒がせていたある日、小さな編集プロダクションで働くライターの前畑滋子(仲間由紀恵)のもとに、主婦の萩谷敏子が訪ねてくる。敏子は、12歳の息子・等に“他人の記憶が見える”特殊能力があるかもしれないと前置きし、等が描いたという1枚の絵を差し出す。そこにはコウモリ形の風向計が特徴的な家の中で横たわる、灰色の顔をした少女が描かれており、土井崎夫妻の事件に酷似していた。滋子は半信半疑で調査を引き受けるが、等は交通事故で亡くなってしまう。一方、土井崎夫妻の次女・誠子は、父の代理という弁護士・高橋治美から、両親が誠子と縁を切ろうとしていると聞かされ戸惑う。そのころ、ある街で女子高校生が監禁されていた―。ばらばらに思える事件はやがて1つの“真実”へ。滋子の奮闘が今始まる!

宮部みゆきさんの人気ミステリー作品でもある「模倣犯」、主人公・前畑滋子の9年後という姿を描いた作品です。とてもテンポ良くストーリーが展開されていきますが、色々な謎が解っていくにつれ「その先は一体どうなるのだろう?」と引き込まれる内容になっています。なぜ事件は起こったのか……最終話に待ち受けている、タイトルにもある“楽園”に込められたメッセージとは? 全6話、最後まで楽しんでご覧ください。

仲間由紀恵のコメント

2017年大河ドラマ

【主演】 柴咲コウ

【放送予定】
 2017年1月から1年間

主人公
おとわ/次郎法師/井伊直虎(いい なおとら)
柴咲コウ
井伊家当主・井伊直盛の一人娘として生まれる。直盛には他に子がなかったため、幼くして分家の嫡男・亀之丞と婚約し、次の当主の妻として井伊家を盛り立てるはずだった。 ところが井伊家は、実質的には強大な今川義元の支配下にあり、亀之丞の父は今川方に謀反の疑いをかけられ、殺害されてしまう。9歳の亀之丞も命を狙われて信州へと逃げ、以降ふっつりと消息が途絶えた。 その後別の縁談が持ち上がるが、自ら出家して拒絶。なぜか菩提寺の和尚は「次郎法師」と男の名をつける。

戦国時代、戦や謀略などで次々と井伊家の男が死んでいくなか、唯一残った幼い跡継ぎ虎松を守り、お家再興のため女性城主となった井伊直虎の生涯が描かれます。

2017新ドラマ

初めましての方も多く、新しい皆さんとシーズン2で新しい挑戦ができることを、すごく楽しみにしています。梨央ちゃんには以前、大河ドラマ「八重の桜」もそうでしたが、2回ほど私の子ども時代を演じてもらったことがありました。長く一緒の撮影があるのは今回が初めてなので、すごく楽しみにしています。

綾瀬はるかさんのコメント

2017新ドラマ

【出演】
波瑠 柳楽優弥 麻生祐未 大空眞弓 壇蜜 石井杏奈 寺脇康文 斉藤由貴

【ストーリー】
娘、早瀬美月(波瑠)25歳。母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳。美月の中学受験や大学受験、就職の時もいつも二人三脚で頑張ってきた。美月は完璧な母のサポートで順調に育ち、今は女子高の英語教師となり、母であり一番の親友である顕子を全面的に信頼していた。二人はまるで恋人同士のように仲の良い母娘だった。この母娘の密着を父、浩司(寺脇康文)は気にかけていたものの、仕事一筋で二人の関係に踏み込むことができないでいた。
そんなとき、新築中の早瀬家を担当する住宅メーカーの松島(柳楽優弥)が、不思議な人懐っこさで二人と親しくなる。顕子は彼を気に入り、美月とつきあうように背中を押すが、美月は松島と会うことで、自分が無意識に母親の顔色を見て生きてきたことを自覚していく。顕子は娘が次第に変わり、自分から離れて行くことに動揺し、自分の一番大切なものを奪われたくない、と次第に心の奥の危険なスイッチが入っていく。そして、ついに松島を誘惑してしまう―

【主演・波瑠さんからのメッセージ】
「今回のドラマは母と娘の関係という誰にとっても身近なことがテーマになっています。共演者も素晴らしい方たちばかりで、その中で自分がどんなお芝居を一緒に作っていくことができるのか、今から楽しみにしています。このドラマの中で主人公が少しずつ成長していくように、撮影を通じて自分自身も一回り大きくなれたらと願っています」

主演・波瑠さんからのメッセージ

2017新ドラマ

出演者:吉高由里子

「東京タラレバ娘」が、2017年1月スタートの日本テレビ系連続ドラマ(毎週水曜22:00~)として放送決定!
独身で彼氏なし、仕事もイマイチな主人公・倫子役には、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」以来2年ぶりの連ドラ主演となる吉高由里子さんが努めます。

原作「東京タラレバ娘」

東村アキコ原作の漫画で、累計発行部数180万部

原作を読んで、思わずケラケラ笑っちゃいました。リアルで心にグサッと来る痛い部分もたくさんあって、本当に共感できる素敵な作品です。
私が演じる主人公・倫子は“独身、彼氏ナシ、仕事もイマイチ”というアラサー女子。 私は28歳ですが、同級生が結婚したりママになったりしていて「あ、そんな歳になったんだなぁ」と思う一方、ずっと仲の良い友人たちと一緒に歳を重ねているので、あまりピンと来なかったりもして…。
そういった意味では、「タラレバ言いながら、女子会ばかりやってたらこんな歳になってしまった」という倫子と似ている部分もあるのかも、と思います。
幸せ求めてもがく倫子と一緒に、私も泣いたり笑ったりジタバタしながら、楽しんで演じられたらと思います。来年1月まで、楽しみに待っていてください!

吉高由里子のコメント

1