1. まとめトップ

犬と赤ちゃん、、、ペットと仲良く生活していくために注意することは?

アレルギーーの原因になるという節や、免疫がつくという節などいろいろ言われているようです。仲良く暮らしていくにはちょっと苦労も必要そうです。

更新日: 2016年09月30日

7 お気に入り 15193 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

megu7-_-8さん

イギリスの有名なことわざです。

子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供が青年になった時、
自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。

かわいい。。。

かわいすぎます。。。

癒されますね!!!

◆ペットが与える子供への影響は?

ペットを飼うメリット
1.癒し効果
2.安心感
3.情操教育に良い
4.体が強くなる

赤ちゃんや幼少期から動物が近くにいる環境に置かれていた子どものほうが、アレルギーを起こしにくいということがわかっています。

ペットにも感情があります。赤ちゃんを家族だと認識し始めるとすごく優しく接してくれますし、オモチャを持って来たりすることもあるほどです。

◆アレルギー、、、大丈夫なの?

赤ちゃんは鼻をかむことができませんから、鼻水くしゃみは大問題ですよね。。

「アレルゲン」は、犬の毛やフケ、ヨダレ、尿などにも含まれているため、犬を飼っているとアレルゲンを体内に取り込む機会が多くなります。

犬の毛が生え変わる時期は、特に、ちょっと面倒でも、掃除機かけは必ず毎日行いましょう。
また、犬に限らずペットとの同居には空気清浄機は必需品です。

清潔を維持するために、ペットを触ったあとは必ず手を洗うこと、室内の清掃とペットの手入れをこまめに行うこと、赤ちゃんもペットも予防を確実に行うこと、の3点は欠かせません。

アレルギーを発症させないためには、アレルゲンを排除することが大切ですので、ペットのフケや毛を定期的にシャンプーで洗い流しましょう。

◆ペット側にも意見がありそうです。。

赤ちゃんという全く知らない家族が急に登場することでペットにも大きなストレスがかかります。

今までできていたトイレを失敗する、家具や靴をかじるなどで、ストレス発散を赤ちゃんではなく家族に対して行うことがあります。

赤ちゃんには赤ちゃんの、ペットにはペットのペースがあります。どちらかが合わせるのではなく、お互いのペースを尊重しあいながら、ペットとの同居を楽しみたいですね。

◆こんな意見もあります。。注意が必要ですね!

妊娠中に新しくペットを迎えるのはお勧めしない

信頼関係がきちんとできていないのに、赤ちゃんを迎えることで余計なトラブルが生まれるかもしれません。

1 2