1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

2033年旧暦問題とは(1)

旧暦2033年問題(きゅうれき2033ねんもんだい)とは、西暦2033年秋から2034年春にかけて、日本の旧暦の月名が天保暦の暦法で決定できなくなる問題のこと。1844年(天保15年)に天保暦が制定されて以来、このような不都合が生じるのは、2033年秋 - 2034年春が最初である。

旧暦(天保暦)の日付の確定には、

(1)新月と新月の間を1か月とする。
(2)「その月が何月か」は春分、夏至など太陽の動きから算出される「中気」の日で決める。春分のある月が2月、夏至は5月、秋分が8月、冬至は11月とする。

 など複数のルールがある。ところが、2033年秋に、「ルールを全て満たそうとすると、『9月の次の月が11月』になってしまう」といった不具合が生じてしまうのだ。これは1844年に天保暦が導入されて以来、初めての異常事態だ。

2033年旧暦問題とは(2)

西暦2033年に、旧暦として親しまれている天保暦の月日を決定できなくなる問題が発生するという(朝日新聞)。

これは旧暦2033年問題と呼ばれており、旧暦に存在する「うるう月」を決められないという問題となる。冬至や夏至といった季節の区切りの「中気」を基準に月を決め、中気がない月をうるう月にするルールだが、2033年から2034年にかけては中気がない月が3つあり、かつ中気を2つ含む月が2つ存在することになり、今までのルールでは一意に旧暦を決められないようだ。

明治維新後の1872年以降は太陽暦に基づく皇紀が使用されたためただちに日常生活に支障が生じることはないが、現在も大安や仏滅でおなじみの六曜がカレンダーに記載されるなど日常の生活に深く溶けこんでおり、新規契約の締結や新規開発プログラムのリリースの際に日程を決定する上で重大な問題を生じることが予想される。

1