1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼2014年2月23日午前1時ごろ 川崎駅でとんでもない事故が発生した

JR川崎駅で2月23日午前1時ごろ、京浜東北線の上り列車の回送列車が横転する脱線事故が起きた。

川崎署によると乗客はいなかったが、運転士と車掌の2人が負傷。2人とも意識はある模様。

同署によると、脱線した場所は川崎駅のホームから東京方面に200メートルほど出た地点。

10両編成のうち1両目と2両目が横転、3両目は約75度傾いている。

線路の補修工事に使うトラック型の車両「軌陸車」に衝突した。

▼事故現場の状況・・・・・最新鋭の京浜東北線のE233系が脱線転覆している姿に我が目を疑ったネット民も少なくなかっただろう

▼脱線転覆したのは京浜東北線E233系1000番台 ウラ177編成 乗員が軽傷で済んだのはクラッシャブル構造が実力を発揮したからか

ウラ177編成。平成21年10月15日に川崎重工で新造。

車両は2009年製で、
大宮寄りから
クハE233-1077-
サハE233-1277-
モハE233-1477-
モハE232-1477-
サハE233-1077-
モハE233-1077-
モハE232-1077-
モハE233-1277-
モハE232-1277-
クハE232-1077
という車両の組み合わせ

桜木町行きとしての運用を終え、折り返し10両編成の桜木町発蒲田行き回送列車2402Aとして運転士と車掌の2人を乗せて運用中、川崎駅通過後の4番線上で工事用の資材運搬車と衝突した。

先頭車のクハE233-1077が左側に横転し大破、2両目のサハE233-1277も脱線し傾いた。運転士と車掌は軽傷を負ったものの、成田線大菅踏切事故を受けて設置されたクラッシャブル構造が実力を発揮したと言われる。

救出の際に窓ガラスや正面のFPR部分を切り取って救助した。資材運搬車の乗員は衝突前に避難していたため、人的被害はなかった。

原因は調査中だが、工事用の資材運搬車が予定より2分早く本線に進入したことが考えられる。資材運搬車は絶縁車輪を使用しているため、ATC等では検知されなかった。また重量が約60トンあったとも言われている。

▼運転再開へ向けての動き

▼脱線転覆した2両はその後トレーラーで陸送された

2014年2月28日夜から3月1日未明にかけて、京浜東北線川崎駅で脱線し大破した2両の撤去作業が行われた。

車両の吊り上げは日付が変わった3月1日1時半から始まり、2両はトレーラーに積み込まれ陸送された。

1 2 3