1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

なにこの心地よい高揚感!…アコギが似合う男性アーティスト

オーガニック系、サーフ系にカテゴライズされることもある、アコースティックギターの音色が心地よい男性ミュージシャンをまとめてみました。MVはなんだかノスタルジックです。Curly Giraffe、Caravan、東田トモヒロ、James Iha

更新日: 2016年09月29日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
163 お気に入り 18798 view
お気に入り追加

温かな手触りのアコースティック・サウンド

カーリー・ジラフ

高桑圭(たかくわきよし)のソロプロジェクト
生年月日:1967年9月17日

ベーシスト/シンガー・ソングライター、高桑圭のソロ・プロジェクト。プロジェクト名は“巻き毛のキリン”という意味。

2005年、EP「Curly Giraffe e.p.」を発表。温かな手触りのアコースティック・サウンドで注目を集めると、翌年4月の1stアルバムはほぼノンプロモーションにも関わらずにロングセラーに。

その後も楽曲制作、演奏、録音、アートワークなどを一人で行なう“DIY”スタイルでコンスタントに作品を発表し、高い評価を得る。

制作のほとんどすべてを一人でこなすアルバム制作のスタイルとは別に、ライブにおいては永年の仲間たちである凄腕の曲者たちとともにセッションを繰り広げ各地のフェス等で観客を沸かしている。

Curly Giraffe[My Dear Friend]Video

Curly Giraffe/Road 【MUSIC VIDEO short ver.】

curly giraffeは朝聴くのがベストやと思ってたけど、夜聴くのもとてもよいな。 心地よい pic.twitter.com/mxUfzG26Op

Curly Giraffeの歌声が好きすぎて最近ずっと聴いてる気がする 癒される

Curly Giraffeさん心地よいわん♪晴れた日に木の下でハンモックに乗って聴きたい感じ☆尚更good 早くハンモックに乗りたいー

オーガニックなアコースティック・サウンド

幼少時代を南米ベネズエラの首都カラカスで育ち、その後 転々と放浪生活。

2001年頃からアコギとサンプラーで作曲/宅録を始め、自主制作で作品を発表。オーガニックなアコースティック・サウンドで注目を集める。

2005年よりメジャーへ移籍。2012年に自身のレーベル“Slow Flow Music”を創設。

YUKI「ハミングバード」「ワゴン」、SMAP「モアイ」を始め、楽曲提供も手掛けている。

Caravan / Callin' 【MUSIC VIDEO】

Caravan / Saraba 【MUSIC VIDEO】

iPhone3台で作ってしまったMV♪ Caravan / Saraba 【MUSIC VIDEO】 youtu.be/Sr77rAjcmkQ @YouTubeさんから 自分の音楽を届けるためにレーベル立ち上げあくまでもオーディエンスと共鳴する事を大事にするCaravan

朝のCaravanさんは爽やかでおすすめ このアルバム布製でさわり心地良い♪ 聞いたこと無い人は「Callin'」「Trippin'Life」聞いてみて pic.twitter.com/cROprA2OuE

自然に寄り添った暮らしや旅の中から紡ぎ出されるメロディー

ひがしだ ともひろ

生年月日: 1972年12月26日
出身地:熊本県

サーフィンとスノーボーディングをこよなく愛するシンガーソングライター。

2003年のデビュー以来、『LOVE&FREE』をメッセージし続ける永遠の旅人。

その持ち味でもあるエネルギーに満ちた一体感溢れるライブで、これまでに大小問わず数多くの音楽フェスティバルに出演し、ピースフルな空間を作り出して来た。

2016年夏には通算13作目となるアルバム「naturally」をリリース。

自然に寄り添ったライフスタイルと、魂の赴くままに流れ行く旅の中から生み出されたメロディーとメッセージは、聴く人すべての心を解き放ち、安らぎの世界へと誘ってくれる。

Freedom / 東田トモヒロ【MUSIC VIDEO】

Candy / 東田トモヒロ & The Roasters【MUSIC VIDEO】

1 2





ラガモさん



  • 話題の動画をまとめよう