1. まとめトップ

漫画「ドリフターズ」は今すぐ読むべき!

今秋(2016年)アニメ化が決定した平野耕太作「ドリフターズ」、その狂気じみた世界観・台詞回しは漫画好きやヒラコー好き以外にも知られるべき!否!ドリフターズを読む事は日本国民の義務とすべきなのです!これはそんな「ドリフターズ」普及のためのまとめです!

更新日: 2017年02月24日

4 お気に入り 43513 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アニメが放送開始するんじゃあ!

映像と音楽(カルメン組曲)の疾走感!
見どころは勿論「首、置いてけ!」

原作漫画は大人気ぞ!

単行本は5巻まで刊行(2016年9月現在)

『ドリフターズ』は、2009年から月刊雑誌『ヤングキングアワーズ』で連載している、著者・平野耕太の代表作。

コミックス4巻までの発行部数は累計240万部を突破し、2012年のマンガ大賞では6位に輝くなど、大人気漫画のひとつとなっている。

舞台は西暦1600年、天下分け目の大戦・関ケ原の戦い。薩摩、島津の武将・島津豊久は、身を挺した撤退戦の後、死地から抜け出し、一人山中をさまよっていた。生死の狭間で辿り着いたのは、無数の扉がある部屋。オルテと呼ばれる国家が支配する異世界へと飛ばされた豊久は、織田信長、那須与一ら歴戦の英雄とともに、生死をかけた死闘を繰り広げる――。

聖杯戦争の元ネタは「Fate/stay night」
および「Fate」シリーズ

「ドリフターズ」は歴史上の人物が異世界に
召喚され2つに分かれ争い合うというお話

作者の紹介じゃあ!

1973年生まれ 東京都出身
1995年頃から活動開始
主な作品は「HELLSING」
「進め!!聖学電脳研究部」「以下略」など

ヒラコーの他の作品じゃあ!

平野耕太の代表作の1つ
大英帝国「ヘルシング機関」と
吸血鬼・ゾンビとの戦いを描く。
大胆な構図や独特の台詞回し、
通称「平野節」で平野耕太の人気を
不動のものとした。

ちなみにネットで見かける
「よろしいならば戦争だ」の初出はこの漫画

ああ……セラスちゃんに噛まれたい……

ゲームを中心に漫画・アニメ等をネタにした
半エッセイ半フィクションのギャグ漫画

全33話中、19話までが収録された
1巻のみ刊行されている。

いつか続巻が出る日を夢見ている

登場人物紹介じゃあ!

漂流者(ドリフターズ)

戦国時代の薩摩の武将、島津家久の子で
戦国大名島津義弘の甥
戦のために命を投げ出す事を厭わない
「首級(くび)」に異様に拘る戦狂
「島津が生んだ殺人マッシーン。薩人マシーン。
またの名を妖怪「首おいてけ」」

室町幕府を滅ぼした戦国大名で三英傑
自称「第六天魔王」←中二丸出し
本能寺の変の際に異世界に飛ばされてきた
本編では諸葛亮・周瑜などの軍師を気取っているが
サンジェルミに「陳宮みたいよ」とツッコミを入れられる
あとウンチが大好き

平安末期、源義経に従軍した那須氏の武将
屋島の戦いで船上の扇を弓で射抜いた事で有名
本編ではその能力で敵兵をぶち抜く
所謂「平安後期のゴルゴ13」
酒は強いようだが脱ぎ上戸
本作のヒロインともお色気担当とも言われる
ゲンジバンザイ

紀元前3世紀頃のチュニジアにあった
都市国家「カルタゴ」の将軍
別名「カルタゴの雷光」
本編ではすっかり呆けてしまっているが
時折見せる眼光は全盛期を思わせる
「アルプス越えじゃあ!」

1 2 3 4