1. まとめトップ

カードローンの気になる情報の一つとして、審査基準が明確に分からないと言うことではないでしょうか。特にカードローンの利用を検討している人や、カードローンの審査に落ちた人が、別の金融機関にカードローンの申し込みを検討している場合は、どのようにするとカードローンの審査に通過するのか気になるでしょう。

また、カードローンは俗に言うキャッシングのことです。キャッシングには信販系、消費者金融系、銀行系とありますが、この中で人気があるのが銀行系のキャッシング、いわゆるカードローンのようです。

信販系、消費者金融系、銀行系のキャッシングはそれぞれ審査基準が異なるでしょうが、この中でも銀行系の審査基準について知りたい人が多いのではないでしょうか。インターネットを検索しても様々な情報が飛び交う中、一体どれを信用したらいいのか分からなくなってくる人もいるのではないでしょうか。

そこで、カードローンを作りたい人にとっては、銀行系のカードローンは一体どのような審査基準で行われているのか、明確に知っているとカードローンの申し込みをする前に気をつけるのにと思っていますよね。銀行系のカードローンの審査基準について、銀行系カードローンの裏側を業界経験者の情報をまとめましたので見ていきましょう。

カードローンに関する法律

銀行系のカードローンの話をする前に、信販系と消費者金融系のキャッシングなどはどのような基準で審査が行われているのか話をします。

○信販系
信販系のキャッシングは、クレジットカードの機能としてついているでしょう。意識をしないでクレジットカードを申し込みすると、キャッシングの機能が付いてくることがあります。

クレジットカードを申し込みするときに、キャッシングを利用しないのであれば、キャッシングの利用を不要として申し込みをしましょう。信販系の審査に用いられるのが、クレジットカードが割賦販売法で、キャッシングの審査に用いられるのが貸金業法になります。

○消費者金融系
消費者金融系のキャッシングの審査に用いられるのが、貸金業法になります。これは、信販系のキャッシングと同じですね。そして信販系、消費者金融系ともに、貸金業法の総量規制と言うものが大事になります。

※総量規制とは、キャッシングを利用して多重債務に陥り、借金苦の人があまりにも出てきたために、年収の3分の1までしかお金を借りることができなくした法律です。

なお多重債務とは、複数のところからお金を借りていることです。借りているお金を返すために、別のところからお金を借りて返します。そのため、借金が一向に減らず増えていく状態のことです。

○銀行系
銀行の場合は銀行法、信用金庫は信用金庫法、労働金庫は労働金庫法など業態ごとに根拠となる法律が異なります。いずれにせよ、貸金業者に該当しないため、総量規制は関係ありません。

銀行は公共性を保つため信用維持を維持し、預金者保護などを念頭に置かなければいけないため、銀行業務の健全で適切な運営を行う必要があり、預金者のお金を貸し出していることから回収不能とならないようにしなければいけません。

個人信用情報とは

信販系、消費者金融系、銀行系のお金を貸すときの根拠となる法律の話をしましたが、こんなことが審査とどう影響するのだろうと思う人がいるのではないでしょうか。審査の内容を明確に知るためには、根拠となる法律を知ることが大事でしょう。

大事なのは銀行系に「預金者の保護」と言うキーワードがあることです。簡単に言ってしまえば、自分のお金を貸しているわけではないのです。したがって貸したお金が返ってこないことは、非常に困ってしまうのです。

必然的に少しでもリスクがありそうな、お客様には取引をご遠慮してもらうため、銀行で知り得ないお客様、納得できないお客様はグレーとなり審査に通過しないという状況になるのでしょう。

そのグレーな人かどうか調べるものとして、個人信用情報というものを利用しています。個人信用情報のことは、インターネットで調べるとさんざん話がされているので、既にうんざりするほど話を見聞きしている人はいるでしょう。

この個人信用情報とは、借入の申込日から、現在いくら借りているのか、過去に延滞をしたことがあるのかなど実に様々な個人の貸し付けに関する情報が履歴として蓄積されているのです。

この情報に登録する企業は、クレジット会社、消費者金融、銀行などの金融業界、携帯電話を分割で購入した場合は携帯会社、家賃を管理会社経由で納めているのであれば家賃の管理会社など実に様々な業者が情報を信用機関に登録しています。

この信用情報がとても大事で、この情報の善し悪しでカードローンの審査に通過するしないと決定すると言っても過言ではないでしょう。延滞の情報は1日でも延滞したら、だめだという金融機関もありますし、数日ぐらいはまあいいだろうと認めてくれるところもあるでしょう。

また、銀行で知り得ないお客様、納得できないお客様と言う話をしました。このことの例えを紹介します。

40代、50代の人は年代から言うと、何らかの信用情報が一つはあってもおかしくはないのですが、まったくなんの情報もないとなると、逆にクレジットカードも作ることができない、過去に信用事故(破産など)を起こした人ではないかということで取引ができないこともあるようです。

申込先よりも保証先が大事

信用情報が大事であることは、最近では多くの人が知る事実となっているでしょう。そこで、この信用情報と、年収や、勤務先、家族状況をどのように絡めて審査をしているのかと言うことが明確に情報として流れていないので、世間ではカードローンの裏側で知りたい事実の一つとなっているようです。

金融機関は審査に落ちた理由をお客様に伝えてはいけないことになっていますし、審査内容も公表をしてはいけないようになっているでしょう。しかし、一つだけはっきりと分かることがあります。それは「預金者の保護」と言うことです。

銀行系の場合は「預金者の保護」がされれば極端な話、誰にでもお金を貸してくれることになります。(誰にでもお金を貸すというのは極端な話で、実際は誰にでもお金を貸してくれるわけではありません)

金融機関のカードローンには、保証会社の保証がついているのがほとんどではないでしょうか。と言うことは、保証会社が保証をしてくれれば、金融機関では問題にならないとなりませんか?そうなんです。どこの銀行が審査が厳しいと言うのではなく、どこの保証会社で審査が落ちたかというのが重要になるのです。

したがって、A銀行の審査に落ちたけど、B銀行の審査に通過したと言うことが発生する大きな理由は、この保証会社にあるでしょう。

申し込みをする金融機関を選ぶときの基準として、保証会社がどこなのかをしっかりと選ぶことをお勧めします。

銀行系は審査をしていない?

銀行系は保証会社が保証をしてくれれば、高確率で審査に通ることでしょう。実は個人用の貸し付けはで、保証会社の保証がついている場合は、ほぼノーチェックと言っていいほど審査に通過するケースが多いのです。

数年前にある金融機関が反社会性力の人だと知らずに、お金を貸してしまったということで話題になったことがあります。このことから、金融機関では審査をせずに、保証会社に丸投げしているために起きた事故だと言われていました。

この事件でも分かるように、個人用貸し付けは保証会社でOKを出してくれれば、カードローンの審査に通過することができるでしょう。銀行系のカードローンの審査基準が明確な情報として、検索できないのは実は銀行職員も明確な基準で審査をしていないからではないでしょうか。保証会社が審査を担当しているため、明確なところが情報として出回ってこないのでしょう。

まとめ:あきらめずに色々な金融機関に申し込もう

銀行では審査らしい審査はしていない可能性があるのがお分かりいただけましたか。なぜ審査に通らないと考える前に、ある程度の期間を置きながら、色々な金融機関に申し込みをしてみることが大事ではないでしょうか。

そのときに気をつけることは、もう既にインターネット上に出回っているでしょう。そしてキャッシングについては、残高も枠もなくしておくことをお勧めします。カードローンの申し込みをするときは、保証会社がかぶることなく、別のところにすることがポイントです。

1





カードローンについてまとめました

このまとめに参加する