1. まとめトップ

パチスロ実機の直取りハーネスを自作する

ニコニコ生放送やYoutubeでパチスロ実機動画を配信する時、「実機の音源をそのまま高音質で」と誰しもが思うこと。基板から直接取り込むのに、せっかく買った実機の配線を切ってしまうのは気がひけますよね。そこで、実機で使用されているコネクタを使って直取りする方法と特定した機種のまとめ。

更新日: 2020年07月01日

0 お気に入り 15176 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ふみよーさん

はじめに

NAVERまとめが2020年9月をもってサービスが終了すると告知がありましたので、この記事を「note」へ移行します。新しいアクセス先については、近日中に準備の上でお知らせいたします。
(2020年7月)

このまとめはすでに実機配信をされている方向けの内容となります。
スピーカーコネクタの位置などは把握している前提となっています。
お決まりですが、正確性は保証いたしかねますので、自己責任にて。
※一応は自分でやったことを書いてますし、自分がやるならこうかなって情報を載せています。
 (2016/10/20現在) 数台分のコネクタはまとめ買いしてるので、小分けも受け付けます。

コネクタを特定する方法

コネクタを特定するには
・メーカー刻印
・ピッチ幅
・形状(ピンの数・オス側かメス側か)
を把握すれば大体絞り込めます。

一部例外や新筐体による仕様変更を除き「J.A.M. 日本オートマチックマシン株式会社」「JST 日本圧着端子製造株式会社」「モレックス(刻印はMXJ)」が主流で使用されています。

”メーカーを特定”するには、コネクタ(プラスティック)やターミナル・コンタクト(金属)のところに刻印されることが多いので、そこを確認します。

つまみのところに小さく刻印があります。

画像は非常に見えにくいのですが、左端の金属部分に鏡文字でMXJと刻印されています。
ぱっと見はCXM??ってなってしまいましたが。
刻印自体が非常に小さいので虫眼鏡とか必要かもしれません。※MXC(China)かも知れない

メーカーがわかればあとはカタログから探し出すのに必要な情報”ピッチ幅”になります。
実際にコネクタを取り出せる場合は定規で下の画像のように実測すればほぼ特定は済んだといえます。

コネクタの端子間(中央)の幅
画像の場合は2.0mmピッチのコネクタ

※上図面のBにあたる部分です

製品カタログにはコネクタの図面があります。
実物と図面を見比べながら特長で判断していきます。

このように側面の実物と図面の形が同一であれば、その型番であることが高いです。

製品の型式には一定のルールがあります。
上の製品を例にとって解説します。
SMH25-02HG・・・
SMH:シリーズ名
25:ピッチ幅
02:端子(極)数
HG:ハウジング(基板に接続するための端子と考えてください)
※注文時に色は指定ができないことが多いため無視

特定したパーツを購入するには?

電子部品だから秋葉原に・・・って、JAM系は皆無に等しいです。JSTなら割とあります。
工具を買うなら駅前で十分ですが、民生用ではなく、工業用になるので通販になります。

ハーネスを自作するのに必要なものは?

PAPシリーズ(初代まどマギの下スピーカ・ウーハーのハーネス用)とモレックス(まどマギ2の下スピーカのハーネス用)をRSから購入。一部ケーブルは半完成品の状態だったのでつなぐだけ。
末端をハイローにつなぐ加工だけで済みました。

1 2 3