1. まとめトップ

【最新】2018年韓国映画まとめ|ラストまで目が離せない!何度観ても飽きない

韓国映画がお好きですか。そこで今回は、2016年~2018年に公開される超面白い韓国映画をまとめてみました!おすすめしたいのはコレ!だから、韓国映画ファンにはたまらない、見逃せません。

更新日: 2018年09月06日

47 お気に入り 141500 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

idoido2000さん

2018公開予定の韓国映画おすすめランキング|今から期待

2018年公開予定の韓国映画作品を一覧。注目映画をいち早くチェック!

※※※※※ 『신과 함께-좌와 벌2』神と共に - 因と縁

2018年 / 韓国
監督:キム・ヨンファ
映画脚本:
ジャンル:ミステリー
主演:マ・ドンソク、キム・ドンウク、ハ・ジョンウ、イ・ジョンジェ
公開日: 2018年8月1日韓国公開
上映時間:(未発表)

あらすじ:主人公の消防官(チャ・テヒョン)が消火活動中に女の子を助けようとして命を落とし、男女の冥土の使いの二人組(チュ・ジフンとキム・ヒャンギ)が彼を迎えに来たところから物語が始まります。

映画「神と共に-因と縁」(監督:キム・ヨンファ、以下「神と共に2」)の予告編が初公開された。

「神と共に-因と縁」はよみがえりが約束された最後の49回目の裁判を控えた死神が、彼らの1000年前の過去を覚えている家の守護神に会い、あの世とこの世、過去を行き来しながら忘れた秘密の縁を見つけていく物語を描く。韓国で昨年冬に公開された「神と共に-罪と罰」の続編だ。

『神と共に - 罪と罰』の次の物語、『神と共に - 因と縁』が8月1日の公開を決定した。
1440万人の観客を動員した『神と共に - 罪と罰』の続編『神と共に - 因と縁』(監督キム・ヨンファ)が8月1日の公開を確定して、ティーザーポスターを公開した。

『神と共に - 因と縁』は生まれ変わりが約束された最後の49番目の裁判を控えたあの世の三差使、彼らの千年前の過去を覚えている城主神(ソンジュシン)に会ってこの世とあの世、過去を行き来して失われた秘密の縁を見つける物語。
韓国初の1編と2編の同時撮影という新たな挑戦で映画界内外の関心を集めた『神と共に』シリーズが『神と共に - 罪と罰』の興行に支えられて再び今年の夏に観客と会う万全の準備を整えた。
夏の公開確定と一緒に公開されたティーザーポスターは1編とは変わった三差使の暗い雰囲気が注目を集める。

※※※ 『리틀 포레스트』リトル・フォレスト ※※※※※※

2018年 / 韓国
監督:イム・スンレ
映画脚本: ヨン・サンホ
ジャンル:恋愛
主演:キム・テリ、リュ・ジュンヨル、チン・ギジュ
公開日: 2018年2月韓国公開
上映時間:(未発表)

あらすじ:試験、恋愛、就職など何一つ思い通りにいかないヘウォン(キム・テリ)が何もかもを後にし、故郷に帰り、古くからの友人ジェハ(リュ・ジュンヨル)、ウンスク(チン・ギジュ)と特別な四季を過ごしながら、自身だけの人生の方向を探していくストーリーです。

四季の美しい風光を描く映像美とキム・テリ、リュ・ジュンヨル、チン・ギジュの親友ケミで期待を高める「リトル・フォレスト」の予告編第1弾は「違う生き方で大丈夫」というフレーズで、この春、新しいスタートを応援する温かいメッセージを伝え、2018年初めて出会う人生の映画になる見込みだ。
ポスターと予告編を公開して期待を高めている映画「リトル・フォレスト」は、2月に韓国の観客たちに会う予定だ。

公開確定と共に公開されたポスターは、へウォン役を務めるキム・テリの晴れやかな笑顔が視線を引く。雪が降る中、雪原に立って明るく微笑んでいる彼女の姿からは、1500対1という競争を勝ち抜いてキャスティングされた映画「お嬢さん」のスクヒや、興行ブームを予告しながら話題を集めている「1987」のヨニの姿は全く感じられない。明るく初々しい若者の姿を見せてくれるへウォンに完璧に変身したキム・テリは、今まで見せることのなかった彼女の新しい魅力に期待させる。

イム・スンレ監督は「『リトル・フォレスト』は、小さな映画だが四季を全て表現しなければならない映画だ。昨年から準備をし、今年の四季を撮影した後、来年までポストプロダクション(撮影後の作業の総称) を進めなければならない3年間にわたる長期プロジェクトだ。冬から始める初撮影のために天気がとても寒いが、俳優とスタッフが熱心に取り組んでくれているため力が湧く。四季を美しくうまく盛り込んでみたい。多くの応援をお願いする」という所感で、映画に対する期待を与えた。韓国で2018年に公開される予定だ。

※※※※※※ 『소공녀』小公女 ※※※※※※

2018年 / 韓国
監督:チョン・ゴウン
ジャンル: ラブ、ミステリー
主演:イ・ソム、アン・ジェホン
公開日: 2018年3月韓国公開
上映時間:(未発表)

あらすじ:家がないだけで、仕事も愛も自分なりの方式で生きていく愛らしい現代版小公女ミソの都心生活を描いた作品です。

韓国を代表する青春俳優に浮上した忠武路(チュンムロ:韓国映画の代名詞)のホットアイコン、イ・ソム&アン・ジェホン主演の映画「小公女」が3月公開を確定し、予告編を公開した。「小公女」は家がないだけで、仕事も愛も自分なりの方式で生きていく愛らしい現代版小公女ミソの都心生活を描いた作品だ。

「第22回釜山(プサン)国際映画祭」で紹介され、拍手の洗礼と熱狂的な反響を得た最高の話題作として浮上した「小公女」は、「第43回ソウル独立映画祭」で観客賞を受賞するなど、公開される前からマスコミや評論家はもちろん観客から認められた“口コミ王者”映画として注目を浴びた。

イ・ソムは“ラブリー”と自身の名前を合わせた“ソムブリ―”というあだ名について「当然、嬉しいです」と話しながらも、テーブルの下に顔を隠し恥ずかしそうな表情を見せた。

「一応そのような可愛らしいあだ名をつけてもらえて嬉しいです。でも私は元々、可愛らしいイメージではないので、多様なイメージを見せたいです。今までは、わざとやらなかったイメージにも挑戦するつもりです。可愛らしいイメージが好きな観客もいて、違うイメージが好きな観客の方々もいるのだということに気づきました。だから今年は、より多様な作品に挑戦してみたいです」

“ソムブリ―”というあだ名で愛されるイ・ソム。撮影エピソードを明かしています→「小公女」イ・ソム“チョン・ウソン先輩、映画を見て面白かったと言ってくれた” news.kstyle.com/article.ksn?ar… pic.twitter.com/vkeXMY5j6L

イ・ソムのELLEインタビュー201801 elle.co.kr/article/view.a… 『小公女』の現場にマネージャーなしで通勤&スケジュール調整も自分でやる!ってお父さんたちを説得したエピソードめっちゃ好き pic.twitter.com/Yk8oRd7O6T

※※※ 『염력』念力※※※※※※

2018年 / 韓国
監督:ヨン・サンホ
映画脚本: ヨン・サンホ
ジャンル: SF、ミステリー
主演:チョン・ユミ、シム・ウンギョン、リュ・スンリョン、ジャング・ミン・パーク
公開日: 2018年1月韓国公開
上映時間:(未発表)

あらすじ:偶然、想像を絶する超能力をもつことになった男シン・ソクホン(リュ・スンリョン) が、全てを失う危機にさらされた娘のシン・ルミ(シム・ウンギョン) を助けるために、世界を驚かせる念力を発揮して繰り広げられるストーリーを描いています。

1 2 3 4 5 6 7 8