1. まとめトップ

公認会計士になるには今ってチャンスみたいです!

公認会計士は弁護士や司法書士と並ぶ難関な国家資格と言われていますよね。ですが、難関な資格だからといって、はなから受けなければ受かるものも受からないです。

公認会計士は確かに難関な資格なのは間違いないのですが、近年、公認会計士は受かりやすくなってきているのはご存じでしょうか?

なので公認会計士になるには今がチャンスです!

公認会計士の合格率は近年上がってきているんです!

公認会計士に合格しやすくなっている要素を具体的に説明

上のグラフを見ても分かる通り、2006年から公認会計士の試験が新制度に変わったんです。それによって合格者数も増えているので、実際に“合格しやすくなった”事が分かりますね。

第1次試験、第2次試験、第3次試験の3段階に分けられていた公認会計士試験が一本化され、選択科目は旧試験制度では、経営学、経済学、民法の3科目から2科目選択していたのが新試験制度では、経営学、経済学、民法、統計学の4科目から1科目選択となり、受験資格に関しても旧試験制度では色々な受験資格が設定してあったものが、特になくなって誰でも受験できるようになったり、複数の要素で合格し易くなってきているんです。

公認会計士に関しての口コミを集めてみました

公認会計士よさそう 研究者になれなかったらなりたい

公認会計士なりたいけどやっぱ難しいんかなぁ だからといって諦めるわけでもないけど

公認会計士なぁ、なりたいとかじゃなくて資格が欲しい

まとめ

公認会計士、確かに難しい試験であることには変わりないですが、受けなければ受かるものも受かりません。目指している人も、どうやって勉強したら良いか、といった事や、予備校選びの事など、色々と悩む事も多そうですが、今は公認会計士を目指す人にとってはチャンスの時期ですし、自分なりの勉強法や自分に合った予備校を見つけて最大限努力をすれば道は開けるかも!

1