1. まとめトップ

これぞアメリカ!超絶クレイジー!「アメリカで最も不健康なメニュー」2016年版発表!!

米非営利団体「公益科学センター(CSPI)」が発表した、世界中の人もびっくり!の「アメリカで最も不健康なメニュー2016」が話題に。これは別名「いきすぎた食事賞2016」とも言われ、アメリカ人なら誰でも知っている有名レストランもランクイン!結局茶色い物はおいしい!一度は食べてみる価値があるかも!

更新日: 2016年10月04日

15 お気に入り 72940 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kozzkozzさん

いきすぎた食事賞2016とは?

海外旅行時、特にアメリカ圏へ出かけるとその料理のボリュームや脂っこさ、カロリーなどに圧倒された事はありませんか?この度アメリカで発表された、日本人どころかアメリカ人でもビックリ!の「アメリカで最も不健康なメニュー2016」が話題となっています。これは別名「いきすぎた食事賞2016」とも言われているもので、アメリカ人なら誰でも知っている有名レストランなどもランクインしているのです。

米非営利団体「公益科学センター(CSPI)」が発表した2016年版の「アメリカで最も不健康なメニュー」の称号を受賞したのは、9つのメニュー。

1:ホール・ホッグ・バーガープレート

総カロリーは2,850kcal(1日の適正カロリーは2,000kcal)。飽和脂肪は3日分(62g)、塩分は6日分(9,790mg)というバーガープレートを、そうと知りながら平らげる人はほとんどいないだろう。

ホール・ホッグ・バーガープレートは、ハンバーガー、サラミ、ソーセージ、ベーコンに生ハムと、肉類だけで1ポンド(約453g)以上。そこに4種のチーズとガーリックマヨネーズがトッピングされ、さらにサイドとしてフレンチフライとオニオンリングが添えられている。

ハンバーガー以外にも、ピザやステーキなどなどヘビーな料理がラインナップ。

2:フライドチキン&ワッフル・ベネディクト

チキンポットパイ(2人前)に棒状のバターが2分の1本、メープルシロップが4分の1カップという、油(脂)と糖分でできているかのようなこちらのメニュー。総カロリーは2,580kcal、およそ4日分の飽和脂肪(86g)に、2日分の塩分(3,390mg)、ティースプーン15杯分の砂糖と、体によくないものがいっぱい詰まってます…。

ワッフルの上にフライドチキンとポーチドエッグ、バターがたっぷり入ったチーズソースにメイプルシロップをお好みでかけていただきます。

フライドチキンにワッフルなんていう組み合わせ、どうなの?と思うかも知れませんが、アメリカではこういう「甘じょっぱい」組み合わせのメニューは実は多いんです。パンケーキにベーコンが添えられている事も珍しくありません。
チキンのしょっぱさに、メイプルシロップの甘さ、ワッフルのサクサク食感にとろけるようなチーズソース…この組み合わせ、やみつきになってしまうそうですよ。

The Cheesecake Factory(チーズケーキ・ファクトリー)はアメリカならどこにでもある割とポピュラーなレストランです。料理はもちろん、その店名の通りチーズケーキも絶品!種類も豊富なんです。日本人の方なら、ハワイのワイキキにある店舗へ行かれた方が多いんじゃないでしょうか?毎晩行列ができる人気店なんですよ。

3:ショートリブ&チージー・マックスタック

サンドイッチの具材に野菜一切無し…!断面図からわかる通り、マカロニチーズと牛バラ肉をサワー種のパンで挟んだ、まさに炭水化物祭り状態の巨大サンドイッチなんです。さらにフライドポテトが添えられており、総カロリーはなんと1,910kcal!
「マクドナルドのビッグマック3個にポテトのMに、さらにもう半日分の飽和脂肪を足したようなもの」という衝撃のコメントが…!

ハイカロリーのデザートもラインナップされてます!

4:RT44グレープスラッシュ・ウィズ・レインボーキャンディー

およそ970kcalのいわゆる「飲むキャンディー」です。写真ではわかりにくいのですが…1.3リットルのこのドリンクには、なんと約300ミリリットル相当の砂糖が含まれているんだそう。角砂糖に変換すると何個になるのか…想像するのも怖いですね。

1 2 3