1. まとめトップ
  2. カラダ

福山雅治とマツコデラックスの意外な共通点

福山雅治とマツコデラックス…見た目もキャラクターも全く違うように見える2人には「逆流性食道炎」と言う意外な共通点がありました。

更新日: 2016年09月30日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 8448 view
お気に入り追加

■マツコと福山雅治に意外な共通点が発覚

28日放送の「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)で、福山雅治とマツコ・デラックスが、同じ疾患を患っていることが明らかになった

マツコは毎晩薬も飲んでいるそうで、「だから、意外と(私たちは)共通点があるのよ」と語り、その場の笑いを誘った

■逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、胃から上がってきた胃酸が食道を荒らし、炎症や腫瘍を発生させる病気のこと

胃炎や胃潰瘍などに比べると知名度の低い病気ですが、欧米では成人の約4割にこの病気の可能性があると言われています

■近年、逆流性食道炎を患う人が増えています

もともと日本人には少ない病気でしたが、食生活の変化などによって、最近、患者さんが増えています

ある調査によれば、消化器科にかかった患者の42.2%に胸やけの症状がみられ、うち内視鏡検査をした人の16.7%が逆流性食道炎だった

医療機関に行っていない潜在的な患者さんを含めると、現在、日本では5人に1人が「逆流性食道炎」の患者である、と言われています

■症状

主な症状は、胸に熱いものがこみあげる胸やけ、食物を飲み下すことが困難な嚥下障害、すっぱいものや苦いものが口まであがる呑酸など

■放置すると「がん」に発展する危険性も

逆流性食道炎は、通常の約10倍の確率で「食道ガン」になるとされています

逆流性食道炎の症状であるつかえ感や違和感などは、食道がんでも認められる症状です

■発症の原因

脂肪の多い食事は、ホルモンの働きなどを通じて下部食道括約筋を緩めることが知られています

脂っこいもの、肉や脂肪の多い食事や炭酸飲料は胃が刺激され胃酸の分泌も進みます

逆流性食道炎という病気は、実は肥満体型の方に、非常に多いという特徴のある病気

肥満になると腹圧によって胃酸が上がってきやすくなります

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する