1. まとめトップ

育毛効果があると注目の「アデノシン」とは?

血行促進や育毛に効果が高い成分とされるアデノシンは、核酸の一種でDNAの医師情報に用いれられたり、エネルギー輸送と関係する成分です。今やこのアデノシンを含んだ育毛剤に発毛の期待は大きく注目度は高まっています。

更新日: 2016年09月30日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1901 view
お気に入り追加

■アデノシンとは

アデノシンは核酸の一種で、DNAの遺伝情報に用いられたり、エネルギー輸送と関係する成分です。 アデノシンは発毛因子『FGF-7』を沢山作り出します。 髪の毛は毛根にある『毛母細胞』が分裂して産まれます。

発毛因子『FGF-7』は毛母細胞の分裂を活発にさせ、髪の毛を沢山生やします。 薄毛部位と、しっかりした毛が生えている部位を比較したところ、薄毛部位には『FGF-7』が半減しているという研究結果が出ています。毛髪サイクルが乱れて薄毛になる原因の一つです。 またアデノシンには毛根の成長期を伸ばし、血行促進効果、抗炎症作用があり、育毛効果があります。

■アデノシンによる育毛効果

アデノシンは毛乳頭細胞に直接働きかけ、発毛を促進する発毛因子を生産する画期的な成分であります。 資生堂の調査によると、アデノシン配合の育毛剤で94.1%の被験者が外観からの育毛効果があると判定されています。 他の育毛剤より、高い効果が実証されているのです。 では、アデノシンは具体的にどのような育毛効果があるのでしょうか。

①発毛促進因子『FGF-7』の生成を促進する。

髪の毛は毛根にある毛母細胞が分裂して産まれます。発毛促進因子『FGF-7』は毛母細胞の分裂を活発にさせます。 『FGF-7』を直接頭皮に投与すれば、発毛効果があるのですが、これを製品化するのが無理だそうです。 『FGF-7』を沢山作り出す成分がないかと調べたところ、わかった成分がアデノシンです。 アデノシンを投与すると、『FGF-7』の生成が促進され、毛母細胞の分裂が促されます。従って、発毛効果があるのです。

②毛根の成長期を延ばす。

毛髪のサイクルは、成長期、休止期、退行期があります。 成長期とは、生えてきた毛が成長する期間で、およそ3〜7年あります。 薄毛とは、髪の成長期が短くなったり、休止期が長くなっておこります。 アデノシンは毛根を退行期へ移すのを防ぎ、成長期を延ばします。 成長期が延びると、髪はその分長く太くなり、しっかりした髪に成長します。

出典育毛成分「アデノシン」の育毛効果と副作用まとめ【育毛剤の新成分】〜ハゲは新しいものに食いつく〜

通常3年から6年程度とされる成長期を伸ばすことで、個々の毛髪の成長期間を伸ばしより強い毛髪を作り、また抜け落ちる毛を少なくすることで毛量を豊富に維持することができます。

他にもアデノシンには血行促進効果があるので、血行不良を起こしやすい頭皮の毛細血管の血流を増やして毛根の栄養補給を助けます。

③血行を促進させる。

アデノシンは毛根に新鮮な酸素を供給します。血行を促進して、発毛を促します。 薄毛だけでなく頭皮環境を整えるので、様々な頭皮トラブルを改善できます。

血圧降下作用といえば、有名なのがリアップにも配合されている「ミノキシジル」です。ミノキシジルは元々降圧剤として開発されましたが、副作用として発毛効果があり、それを育毛剤に利用しているという経緯があります。

アデノシンもミノキシジルと同様に血圧を下げる効果があるとしたら、育毛にも効果を発揮するのも頷けます。

■アデノシンはこんな人に効果的

⑴抜け毛が多くなった人

最近抜け毛が多くなってきたことはないですか。そんな方は毛母細胞が弱ってきていることが考えられます。 毛母細胞が弱ると、髪の成長期の期間を短くしてしまいます。 成長期が短くなってしまうと、細い薄い髪になり、抜け毛が多くなってしまうのです。 アデノシンは毛乳頭細胞に働きかけ発毛を促進する因子、『FGF−7』を沢山作り出す成分なので、毛周期を正常に戻します。細く弱々しかった髪にハリ・コシがでて、抜け毛が改善されるのです。

⑵髪にコシやハリがなくなった人

髪にコシやハリがなくなって、弱々しくなってきている方。この方も毛母細胞が弱ってきている可能性があります。 毛周期が乱れ、髪の成長期が短くなり、太い髪に成長しないのです。 アデノシンを使って、髪が太くなったという効果が現れています。毛周期を正常に戻し、髪を太く健康に成長させる、アデノシンにはその効果があります。また頭皮の血行促進効果もありますので、健康な髪に育ちます。

■アデノシンが含まれる食べ物

血圧を下げて育毛効果のある食べ物に「酢」があります。

お酢に含まれている「酢酸」は細胞に取り込まれると「アデノシン」に変化します。これによって血管が拡張し、血圧を下げる効果があります。

頭皮の血流も良くなり、育毛にも効果的でしょう。

お酢の血圧を下げる効果は、摂取し続けないと持続しません。1日に必要な量はスプーン1杯程度なので、血圧が高めの方は毎日の習慣にするとよいかもしれません。

お酢には血圧を下げる効果以外にも、メタボ予防や疲労回復効果があるのでオススメですが、血圧が普通、もしくは低血圧の方には効果が薄いです。

高血圧気味で薄毛に悩んでいる方にとっては、お酢を毎日スプーン1杯程度飲むことが、全身の血行を改善し薄毛予防に有効でしょう。

日本酒も

また、日本酒もアルコールのなかでもダントツでアデノシンが多く含まれていることで知られています。

日本酒を飲むと全身の血流が良くなりますが、それにはアルコールの作用の他にもアデノシンの効果もあるんですね。

適量の日本酒であれば、全身の血流が良くなり、育毛にも効果的です。もちろん、飲み過ぎは逆効果になってしまいますので、気をつけてください。

■アデノシンの副作用はない?

アデノシンは元々ヒトの体内にあるものですから毒性はありませんので副作用の心配もいりません。

ただし外用塗布剤として使用する場合は比較的頭皮トラブルが起きやすいので、使用開始後は頭皮の観察を続けて下さい。

アデノシンそのものよりも、配合されている他の添加剤などに皮膚が反応してかゆみや発疹発赤が見られることがあるからです。

育毛剤の使用とマッサージはセットで行うのが普通ですが、使用後は血流が良くなるので頭皮が赤くなることがあります。
この赤みが2時間以上たっても消えずにいる場合はもしかしたら炎症が起きているかもしれません。

2、3日使用を続けて他にかゆみなどの異常が出てきた場合は体に合っていないことを示しますので使用を中止するのが賢明です。

■支持が多い育毛剤アデノゲン

資生堂は人の頭皮に存在するアデノシン(以前から育毛や血行促進効果があるということは知られていた)に着目し、医学的な研究成果を取り入れながら、その作用メカニズムの解明に力を注いできました。

その結果、アデノシンが毛乳頭細胞表面の受容体に直接作用し、発毛因子(FGF-7)の生産を高めるというメカニズムを解明し、世界で初めて育毛有効成分として実用化した育毛剤が『アデノゲン』です。

現在、各メーカーから発売されている育毛剤の多くは〝生薬〟を有効成分としたものが目立ちますが、『アデノゲン』は生薬系育毛剤とは異なり、研究結果(←次項参照)による理由付けによって誕生した育毛剤で、その点が薄毛に悩む人の目を引き、新たな育毛剤として支持されている理由のひとつのようです。

資生堂から発売されている育毛剤『アデノゲン』に、男性型脱毛症を改善する効果があるとされる理由は、配合されている薬用成分〝アデノシン〟にあります。

資生堂の研究結果によると、人間の体内や頭皮に存在するアデノシンは、分解が早く速やかに作用する性質があり、髪の成長に必要な発毛促進因子FGF-7の生産を高めることで、毛根の成長期間を延長させるとともに、毛根に酸素を供給し発毛を促進させる効果があるとしています。

しかし、資生堂が行った実験結果によって、アデノシンに男性型脱毛症を改善する高い効果があると証明されたとしても、毛髪の成長メカニズムには様々な成長因子が複雑に絡み合っているとする説が、依然、有力です。

したがって、アデノシンが男性型脱毛症に対し高い効果があるといっても、個々で実際に使用してみなければ『アデノゲン』の効果が得られるかどうかは定かではなく、使用前からあまり大きな期待をするのはどうかと思われます。

ただ、『アデノゲン』は副作用も少ない(副作用としては頭皮のかぶれなどのトラブルが多い)ことから、男性型脱毛症による薄毛で悩んでいる方は、一度、そのアデノシンの効果を試してみる価値はあるのかもしれません。

1





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど