1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

意外に思う人もいた…脱獄iPhone販売で逮捕されたこと

脱獄したiPhoneを販売したことで、初めて逮捕者が出た。

更新日: 2016年09月30日

loadtypeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
20 お気に入り 40159 view
お気に入り追加

iPhoneで使用できるアプリはアップルストアからしかダウンロードできないが、脱獄することでその使用制限を開放できる

脱獄そのものはAppleの規約違反だが、これまで違法という判断が下されたことはない

日本ではiPhoneの脱獄やスマートフォンのプログラムの書き換えの法律がまだ無いため

ところが…ついに警察が動いた

不正に改造したiPhoneをオークションサイトで販売したなどとして、「商標法違反」の疑いで逮捕された

販売したものは、アップルが認めないアプリが使用できるようOSを改変したiPhone

これの何が悪いのかというと…

買うときは商品に付与されているマークを見て、どこのブランドかを認識して購入する。その マーク(目印)といえるものが 「商標」

【警察の解釈】
内部のOSは不正改造した別物なのに外観は「iPhoneそのもの」だったため「ニセモノを販売した」という解釈

【裁判所の過去の判断】
改変した商品に、前の登録商標を付けたまま販売=改変後の商品をメーカーが販売している誤認を与える

こうなると偽物(改造品)と知らずにオークションに出した場合も、気を付けたい。

偽物と知らずに販売した場合は、故意ではないため罪には問われない。しかし、出品回数や点数によっては、故意だと認定されかねない

これには意外に思う人も多かった

クルマ業界だと改造中古車ってどーなってるんだろう。

脱獄した iPhoneを売ると犯罪なのか。改造した正規品は売れないって事?、なんか判断するのメンドそうだな

脱獄したiPhoneで逮捕された件って、元iPhoneって書けばセーフなのかなw

警察が動いたのは、こんな背景が

iPhoneの基本ソフトを改造して非公式アプリなどを取り込み、ゲームを有利に進める不正を可能にする行為が横行している

ゲームの不正をするアプリを入手するため、脱獄iPhoneを買う人がいる。

脱獄iPhoneをオークションで購入して「モンスターストライク」などのゲームで不正行為をしていた4人も書類送検された

商標法違反が社会問題化すれば、小遣い稼ぎの個人でも見せしめとして摘発する可能性は十分にある

アメリカでも、微妙なラインになっている「脱獄行為」

どこまでが脱獄行為かを、線引きするのが難しい。

アメリカでは、「脱獄」行為そのものは著作権関連の法令には直ちに違反しないとされている

1 2





loadtypeさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう