1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

うそやろ。。2017年、空からトンデモない物が降ってくる

中国の宇宙開発が、笑えない影響を出すことになりそう

更新日: 2016年10月02日

iisanchosiiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
93 お気に入り 440993 view
お気に入り追加

あまりに「あちゃー…」すぎる話が判明

厳密には天宮1号は宇宙ステーションではなく重量8トン余りの宇宙実験室のひな形

有人宇宙ステーションの建設をにらみ、13年にかけて無人・有人宇宙船とドッキング実験を繰り返した

何か月か前から、制御不可能になっているとの噂が海外に流れ大騒動になったものの、中国は沈黙を守っていました

天宮1は今年3月にコントロール不可能な状態に陥った。今、何も機能しないまま、370キロメートル上空を宇宙をさまよっている

わかってるのは「2017年に墜落」だけ

運用期間が終了した宇宙ステーションは大気圏に突入させて計画的に破棄が実施される。こうした場合、墜落場所を海洋上にするなど

人に影響がない場所へ墜落させることができる

制御不能となった天宮1号が、いつ落下し始めるか、そしてどこに落下するかは誰にも分からない

「いつ大気圏に突入するかは、数日前になっても予測できないだろう。6〜7時間前になってやっと分かるのがいいところだ」

地上にまで落ちてくる事はありえるの?

大部分は落下の過程で燃えるなどし「地上に危害が及ぶ可能性は低い」としている。国営新華社通信が伝えた

天宮1号のエンジンは大きく、大気圏で完全に燃え尽きることはない

エンジンの一部が落下してくると指摘

欧州の専門家らは、制御不能となったステーションは地球周回軌道上にある人工衛星にとって脅威となる可能性があると主張

落ちる前に人工衛星を破壊する可能性がある。ものによっては生活に影響が出るから問題だね…

1 2





iisanchosiiさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう