1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

重要なのは○○!ハーバード合格者の「勉強法」

できそうだけど、徹底してやるのは大変だぁ。

更新日: 2016年10月01日

akashi2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1619 お気に入り 239584 view
お気に入り追加

ハーバード大に合格した人たちは…

「勉強する力=見切る力」で、それは「全体像を把握し、重点ポイントを見定め、出来ないことはやらない」こと

まず、全ての科目のテキストの目次を暗記する。目次を見て何度も紙に書いて、目次を覚えてしまう

「目次」を元に、現在地を把握しながら勉強を進めていく。

目次をよく見ることで、その本のおおまかな構造を把握することができる。そうすると、「今はこの部分の話だな」と分かる

個別の問題を勉強しながら、常に「目次」を見て全体を意識することを繰り返す

意味のある「目標」の立て方をしてた

最初でやるべき事と、やらない事を明確にすると、目標が立てやすくなるそう。

やるべきことは、「今日やるべきこと」「今やるべきこと」まで落とし込む

「英語で論文を書きたい」とか「英語で上手にプレゼンテーションしたい」など具体的な目標を設定することが大切

次はこの目的のためにこの試験で何点をとる。そのためにいつまでにこの問題集を一通りやる必要があり、今日は何ページ進ませる

覚えるときは、黙って眺めるだけでなく、単語を読み上げ、なおかつ何度も書くようにする

やるべき事に「集中」しやすくする

できることをやる。できそうもないことは、できることに変えてしまう。これが鉄則

「できそう」な大きさに切り分けたら、集中力をもって一気に片付けてしまう

できないことはやらない。その代わりに得意としている分野には圧倒的な点数力を身につける

勉強するときにも、姿勢をよくして自信を高めるポーズを意識的にとることで集中力を高める

自信あるポーズは、ガッツポーズだったり、万歳だったりと色々。本当かなと思う前に、まずは鏡の前でポージングして試してみて

全体をやり通してから、「改善」を繰り返していく

1 2





akashi2さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう