1. まとめトップ
  2. カラダ

おでこを冷やすのはNG!「ぼっち風邪」は、正しい知識があれば怖くない

1人暮らしで、看病してくれる彼氏・彼女や友達がいない・・あぁ、実家が恋しいなぁ~風邪で高熱が出たりインフルエンザにかかると、精神的にも弱くなってしまいますよね。「ぼっち風邪」に備えて、風邪を撃退する正しい知識をおさらいしておきましょう!

更新日: 2016年10月06日

478 お気に入り 116577 view
お気に入り追加

1人暮らしは、風邪を引くと辛い・・!

なにこれ、死ぬんじゃない・・?
と思うようなダルさ。

看病してくれる人もいなくて、めっちゃ心細い・・

病気で寝込んだときに看病してくれた家族はもういないのです。つまり、「なるべく自力で風邪を治す」のは新生活のテーマのひとつ。

風邪引いたのん 1人暮らしで熱出ると辛いのんな・・・

微熱だし頭かち割れそうだし喉痛いし1人暮らしで風邪引くの辛いな。

1人暮らしで辛いことは風邪をひいても看病してくれる人がおらんことですね。 あぁ、実家のうどんが恋しい。

1人暮らしを始めて始めて風邪。 家族が欲しいと思う。しんどいからご飯作られへんけど、作らなあかん。大変やわ。体のあっちこっち痛い。まだまだ上がる予感。 pic.twitter.com/S9yAK54hxQ

まずは、病院で診察を受けよう

一人暮らしでつらくても病院だけは頑張って行こう。正しい診断を受け、適した治療、薬の処方を受ければ早期に治る。

市販の風邪薬を飲んでもあまり効かないなあ、と思うことがありませんか?それは風邪薬の選び方や服用の方法が間違っているからかもしれません。

病院で診察を受けたほうが安心です。

歩くのが辛い場合は、思い切ってタクシーを使いましょう。
外出の際は、厚着とマスク着用を忘れずに。

病院から帰ったら、この3つを実践するだけ!

1. 安静

仕事も家事も、全て後回し。
とりあえず、安静にして水分を補給しましょう。

少々重たい風邪でも、本当に動けないほど辛いのは1~2日でしょう。冒頭にも書きましたが、この間は水分補給さえちゃんとしておけば、食事がほとんどできなかったとしても、あまり気にすることはありません。

♢おススメは、ポカリスエット

粉末タイプを家の常備しておくと便利です!

ポカリスエットは点滴と同じ成分を飲んで摂取することを目的に作られたスポーツドリンクです。失われた水分と電解質を身体にスムーズに補給することができることから、病院の先生も飲むことを進めているドリンクです

水分と一緒に失った、ナトリウムイオンやカリウムイオンなどの電解質をほどよく含んでいるので、スムーズ且つ時間を使わずに効率よくからだに吸収されます。

2.保温

♢エアコンやファンヒーターで部屋全体を温めよう

部屋が乾燥して湿度が低くなると、ウイルスが活性化されるので加湿器を併用したりぬれタオルを部屋干しにしましょう。

エアコンは20℃~25℃に設定して部屋を暖めます。また、体感温度を上げるためにも、ウイルスの活性化を抑えるためにも、部屋の湿度は50%~60%に保つのが理想。加湿器がない場合はぬれたタオルや洗濯物を室内に干しておくとよいでしょう。

熱が出て体温が上がり始めたとき、寒気がして体がぶるぶるとふるえる悪寒がしますが、これはウイルスを体の熱でやっつけるために体温を上げる防衛機能のために起こっているものです。

♢悪寒がするなら、徹底的に温めて!

悪寒がするうちは、アイスノンで冷やさずに徹底的に体を温めます。

少し多めにふとんを掛けたり、毛布でくるんであげたり、湯たんぽを使ったりして十分に保温してあげることが大切です。

体を温める際には、首元をしっかりと温めるということが重要です。首元はとても冷えやすいところで、そこが温まっていないと寒気も解消されません。

タオルマフラーやネックウォーマーが効果的です。

1 2





気になることをサクサクまとめていきます!



  • 話題の動画をまとめよう