1. まとめトップ

めっちゃ不快・・・「口の中がザラザラする」理由と対処法

舌を口の中で動かしてみると、ザラザラと滑りが悪く不快な時があります。その原因と対処法についてまとめます。

更新日: 2016年10月03日

11 お気に入り 487639 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PINKMOMOさん

■口の中がザラザラして不快・・・

あと今口の中の調子おかしい。舌にザラザラ違和感あるしこんなの初めてだから病院行くか悩んでる

口の中がザラザラでわろてる。寝てる間に砂でも食ったんかな。

舌炎に口内炎、口の中ザラザラ…と。ヤバいなぁ、胃腸かな…。ご飯が美味しく感じられないのが一番辛っ!新米の季節なのに!!←食べる心配…

■口の中がザラザラする理由①「ドライマウス」

初期の症状としては「口が渇く」、「口の中がネバネバする」などがあります。それが次第に「舌(ベロ)がザラザラする」や「舌が痛い」、「入れ歯が合わない」、「味がよく分からない」などという症状に変わってきます。

舌がザラザラする、舌が痛い、舌がひび割れる、乾燥がもっと進行すると舌がツルツルになる

ドライマウスという現代病をご存知でしょうか?

ドライマウスとは、ストレスなどの様々な理由から口の中の唾液の分泌が少なくなり口の中が乾いてしまう症状のことです。

ドライマウスの原因は、緊張やストレス、睡眠不足などが主で、ほかにも加齢や口呼吸、筋力の低下なども原因として考えられます。これらが引き金となって唾液腺の働きが悪化し、唾液の分泌が少なくなることでドライマウスになってしまいます

会話の中で笑ったり表情を豊かにすることで表情筋が活発になり、唾液腺が活発になる効果があります。歌ったりすることも効果的です。

あまり噛まないでも食べられるようなものばかり食べず、乾物や根菜などよく噛まないと飲み込めないようなものもなるべく食事に取り入れるようにしましょう。

食事以外の時もできればキシリトールの入ったガムや、酢昆布などを噛むと効果的に唾液が出ます。厚生労働省では一口当たり30回噛むことを推奨しています。

こまめな水分補給を心がけましょう。糖分の入っていない飲み物がオススメです。また、飴をなめたりガムをかむことでも唾液の分泌を促すことができます。

■原因②「口内炎など口腔粘膜の病気」

でも昨日の夜から口の中が口内炎ぽくてザラザラ。。 やっぱコンビニのおにぎりには添加物が山盛りなのだ。

【口腔カンジタの症状】口の中がヒリヒリ痛む、灼熱感(口腔灼熱症候群)、食べ物を口にしたときに痛む(接触痛)、舌が痛い(舌痛症)、食べ物の味を感じにくい(味覚障害)などの症状があります。

「口内炎」とは、口の中や周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。いくつか種類がありますが、もっとも多いのが、はっきりとした原因がわかっていない「アフタ性口内炎」です。

体調が悪いときにできやすいことが知られています。

口腔カンジダ症とは日和見感染症の一種で、口に常在するカンジダ菌の異常繁殖によって起こる口の病気です。免疫力が低下している場合に特に起こりやすく、エイズの時に見られる症状としても注目されました

口内炎は体力が低下していたり、免疫力が低下している風邪をひいたころなどにかかりやすいので、ビタミンなどをしっかり摂る必要があります。

口腔真菌(カンジタ=かび)症の標準治療薬には、「ファンギゾンシロップ」や「ハリゾンシロップ」が使用されます。

医師に処方してもらうようにしましょう。

適切な保湿が必要ですから、乾燥に注意が必要になります。アルコールなどが入った洗口液は常在菌も殺してしまうのでやりすぎない様にします。

※口腔カンジタへの対処法です。

■原因③「食べ物などの影響」

酸性度が強かったり、刺激性が強かったりすると、口腔粘膜や舌の粘膜が犯されて口の中がザラザラします。

1 2