1. まとめトップ
  2. カラダ

ホルモンバランスが乱れる原因にも…女性が抱えるストレスが怖かった

「ストレス社会」と言われているこのご時世。ストレスというと男性のイメージがありますが、実は、女性も知らず知らずのうちに多くのストレスを抱えて生きています。あなたは大丈夫ですか?女性のストレスが結構怖いのでまとめてみました。

更新日: 2016年10月04日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
191 お気に入り 158465 view
お気に入り追加

▼「ストレス社会」と言われているこのご時世。

まさにストレス社会。

ストレス社会である現代ですが、ここまで時間に追われてストレスに溢れた生活を送らなければいけないのはなぜなのでしょうか?

なんらかの刺激が体に加えられた結果、体が示したゆがみや変調

▼ストレスがない人なんていませんよね。日本人は特に。。。

みんな何かしら抱えて生きてる。

全体の55%の人が「精神的疲労やストレスを感じている」

多忙な毎日を過ごしてると知らないうちにストレスがたまりやすい

▼みんなのストレスも結構…ヤバイ。

ストレス貯まり過ぎてヤバイ〜。 もはや拒否反応

▼男性に負けず、女性も多くのストレスを抱えています。

男性だけじゃない…。

職場での人間関係はもちろん、結婚・妊娠・出産・育児など、
男性にはない女性ならではのストレスも多い

社会と接点がないことがストレスになったり、
家でお姑さんといることがストレスになったり、
どんなことがストレスになるかなんて他人にはわからないもの。

▼ストレスは、女性ホルモンのバランスをも崩してしまいます。

女性の場合、特に心配なのは、ストレスが女性ホルモンのバランスを乱し、心身に多くの症状を引き起こすことにあります。ストレスって怖い!

ストレスで月経が止まった経験はありませんか?
失恋をしたり、人間関係に悩んだり、過度な仕事が重なったり……。
ストレスで女性ホルモンがバランスを崩して月経が止まってしまう

ストレスを感じた時は「コルチゾル」というホルモンが分泌されます。これは脳内のすべてのホルモンの活動性を低下させてしまう。

脳はちょっとしたストレスでも影響を受けやすく、ストレスを感じると適切にホルモン分泌の指令が出せなくなってしまう

▼よく聞くけど分からない…女性ホルモン、ホルモンバランスって?

女性ホルモンの1番の役割は、月経を起こすことにあります。妊娠を助け、それを維持すること。
そして、ホルモンバランスを整えることで、体調管理や健康状態を維持していくことが出来ます。

美のホルモンと呼ばれる、女性ホルモン。
私たち女性の美と健康に深くかかわっているもの

女性ホルモンには2種類あります。『卵胞ホルモン(エストロゲン)』『黄体ホルモン(プロゲステロン)』女性ホルモンは生理の周期に合わせて、それぞれどちらかが減ったり増えたりを繰り返します

女性の「ホルモンバランス」は「視床下部」と「下垂体」と「卵巣」とのあいだでやりとりされるお手紙の流れがうまくいっているか

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう