1. まとめトップ

ジュード・ロウの髪量の劇的変化に注目!【映画】『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』。

コリン・ファースとジュード・ロウの初共演作です。期待大ですね(^。^)

更新日: 2016年10月04日

1 お気に入り 6143 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lucky_catさん

■この秋一番の注目作品です‼️

『英国王のスピーチ』などのコリン・ファースと、『コールド マウンテン』などのジュード・ロウが共演を果たした人間ドラマ。A・スコット・バーグの原作を基に、実在の名編集者と若くして生涯を終えた天才作家の短期間だが濃密な友情を映す。

寡黙な編集者パーキンズをコリン、自由奔放な作家トマス・ウルフをジュードが演じ、父と息子のように惹かれ合う、運命の絆で結ばれた2人の男を熱演する。

初共演だそうです。

作家を支える愛人を、『めぐりあう時間たち』などのニコール・キッドマンが好演。

A・スコット・バーグによる評伝「名編集者パーキンズ」に惚れ込んだ脚本家ジョン・ローガンが15年以上も準備に費やし映画化に漕ぎ着けたのが本作である。

◾︎ストーリー

ある日、編集者パーキンズの元に無名の作家トマスウルフの原稿が持ち込まれる。彼の才能を見抜いたパーキンズは、感情のままに、際限なく文章を生み出すウルフを支え、処女作「天使よ故郷を見よ」をベストセラーに導く。そして更なる大作に取りかかるふたりは昼夜を問わず執筆に没頭。パーキンズは家庭を犠牲にし、ウルフの愛人アリーンはふたりの関係に嫉妬し胸を焦がす。やがて第二作は完成し、またも大ヒット。その一方で、ウルフはパーキンズ無しでは作品を書けないという悪評に怒り、二人の関係に暗雲が立ち込める。果たして、立場を超えて生まれた二人の友情の行く末はー?

■日本での公開は?

「Genius」(原題)が、『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』の邦題で10月、日本でも公開される

公開日2016年10月14日
キャスト監督:マイケル・グランデージ
原作:A・スコット・バーグ
出演:コリン・ファース ジュード・ロウ ニコール・キッドマン ローラ・リニー ガイ・ピアース ドミニク・ウェスト
配給ロングライド
制作国

■似てる〜

編集者マックス・パーキンズの貴重な実物写真。 この写真ではトレードマークの帽子を被っておりませんが。 コリンの再現度を是非、スクリーンでお確かめ下さい。 pic.twitter.com/1Fr6R3ScdN

■ファッションも素敵♡

その『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』ですが、コート! 帽子! スーツ! 靴! 冬服フェチの方々にはたまらない装いが満載! しかも着るのがC・ファースとJ・ロウとG・ピアースという失神しかねないメンツ。D・ウェストの海の男ファッションも素敵。@bestseller_2016

■ジュード・ロウの"髪型"の劇的な変化にも注目が集まってます(^。^)

あらー これは見ないと。コリン・ファーストとジュード・ロウですってよ。 ジュード・ロウどうやって増毛したんだろう。すばらしいわ! best-seller.jp

今回増毛気味に見えるジュード・ロウの毛髪は今後マーク・ストロング化して自由自在になりつつあるの? pic.twitter.com/AaZLw8TRsv

1