1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

parumさん

目次

・三毛別羆事件
・石狩沼田幌新事件
・札幌丘珠事件
・福岡大学ワンダーフォーゲル同好会羆襲撃事件
・秋田八幡平クマ牧場事件
・十和利山熊襲撃事件
・星野道夫死亡事件
・ペトロパブロフスク羆事件
・ニュージャージー ハイカー襲撃事件
・熊に襲われた動画

三毛別羆事件 1915年

三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)とは、1915年(大正4年)12月9日 - 12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村(現:苫前町)三毛別(現:三渓)六線沢(正式な住所は北海道天塩国苫前郡苫前村大字力昼村三毛別御料農地6号新区画開拓部落六線沢)で発生した、クマの獣害(じゅうがい)としては記録的な被害を出した事件。六線沢熊害事件(ろくせんさわゆうがいじけん)、苫前羆事件(とままえひぐまじけん)、苫前三毛別事件(とままえさんけべつじけん)とも呼ばれる。エゾヒグマが数度にわたり民家を襲い、開拓民7名が死亡、3名が重傷を負った。事件を受けて討伐隊が組織され、問題の熊が射殺されたことで事態は終息した。

本やテレビでも取り上げられたこの事件。日本における最大の獣害事件とされる

石狩沼田幌新事件 1923年8月21日

夏祭りの催し事を楽しみに出かけていた近隣住民らが帰宅の家路につき山道を歩いていたところをヒグマに襲われたというケース。

最初に子供や青年らの一群へヒグマが襲いかかります。

ついで彼らが逃げ込んだ民家へも追撃に及んだヒグマはなおも人を襲いつづけたのだそうな。

結局、複数人の死亡を含めた被害者を出すに至ったクマ被害なんだって。

襲撃された青年のひとりは生きたまま土中に埋められていたり、老人が山中へと引きづりこまれ咬殺・食害されてしまうなどこれもまた凄惨な内容の事件となった史実。

駆除へむかった猟師などにも死傷者が発生したため、最終的には5人が死亡し3名が重傷を負われることとなりました。

この数値はクマ被害史上2番目の悪しき記録。

札幌丘珠事件 1878年

札幌丘珠事件(さっぽろおかだまじけん)とは、1878年(明治11年)1月11日から1月18日にかけて北海道石狩国札幌郡札幌村大字丘珠村(現:札幌市東区丘珠町)で発生した、記録されたものとしては日本史上4番目に大きな被害を出した獣害(事件。冬眠から理不尽な形で目を覚まされたヒグマが猟師や開拓民の夫婦を襲い、死者3名、重傷者2名を出した

明治11年1月11日、真冬の札幌。
ある猟師が円山と藻岩山の山間のクマ穴にクマを捕りに行った。
既にヒグマは冬ごもりをしている時期である。
しかし猟師はこの穴グマを捕り損ね、逆に殺されてしまう。

クマは冬ごもりを猟師により中断されたため、飢餓状態で真冬の札幌の町中を走り回った。
クマ駆除隊も編成され、クマは猟師によって起こされた山から平岸⇒月寒⇒白石⇒雁来まで逃げ回った。
その後駆除隊は雁来でヒグマを見失う。
ヒグマは事件現場になる丘珠へ向かっていた

1月17日深夜、丘珠の堺さん宅に侵入。
堺さん宅には堺さん、妻、長男、雇女の4名がいた。
ヒグマは堺さんとまだ乳のみ子だった長男を殺害。
一緒にいた妻と雇われていた女性も重傷を負う。

1月18日昼ごろ、加害グマが駆除隊に射殺される。
体長:1.9m
性別:オス
年齢:成獣
加害理由:冬ごもり中のヒグマを猟師が手負いにした為

福岡大学ワンダーフォーゲル同好会羆襲撃事件 1970年

福岡大の5人は1970年7月14日、日高山脈縦走のため、北部の芽室岳から入山した。
 25日午後3時20分ごろ、カムイエクウチカウシ山北側にある九の沢カールに着いてテントを設営。
 午後4時半ごろ、夕食後に全員がテント内にいたとき、6-7メートル先にクマを発見。最初は興味本位に眺めていたが、やがて外にあったザックをあさり、食料を食べ始めたので、すきを見てザックを回収、すべてテント内に入れた。火をたき、ラジオを鳴らし、食器をたたいていると、クマは30分ほどで姿を消した(第1の襲撃)。
 午後9時ごろ、クマの鼻息がして、テントにこぶし大の穴があく。2人ずつ交替で起きて見張りをした(第2の襲撃)。

7月26日午前3時起床。撤収準備中の午前4時半、再びクマが現れ、近づいてきた。テントに入ろうとするので、5人は支柱やテント地を握り、5分間ほど、クマとテントを引っ張り合う形になった(第3の襲撃)。
 最後にグマと反対側の幕を上げ、5人そろって稜線方向に逃げ出し、50メートルほど離れた。クマはテントを倒し、ザックの中身をあさっていた。ザックをくわえては低木帯の中に隠すという行動をくり返した。
 リーダーA君の指示で、サブリーダーB君と最年少のE君の2人が九の沢を下って、ハンター出動を頼むことになった。
 2人は午前7時ごろ、八の沢出合いで北海岳友会(北海学園大)の18人パーティーに出会い、救援要請を依頼。コンロや食料、燃料、地図を借り受け、残った3人と合流するため、八の沢を登りなおした。

6日午後1時、カムエク岳近くの稜線で下った2人と残った3人が合流。稜線上で鳥取大、中央鉄道学園のパーティーに会う。
 午後3時、稜線上のほうが安全と判断してテントを張る。
 午後4時半、ヒグマ出現。縦走路を50メートルほど下って、1時間半ほど様子を見る。午後6時ごろ、鳥取大のテントに避難させてもらうことに決定。稜線を外れて、カールを下り始める。
 午後6時半、稜線から60-70メートル下ったところですぐ後ろにいるクマに気づき、全員が駆け下りる。
 E君が最初に襲われ、ヤブの中で悲鳴や格闘の音がした後、「足を引きずりながら、カール底の鳥取大テントの方に向かって行くのが見えた」という。
 リーダーA君が「全員集合」をかけたが、集まったのはB君、D君の3人のみ。2年生のC君は、答える声は30メートルほど下から聞こえたが戻らず、そのままはぐれてしまった。C君はこの後、1人で夜を過ごし、翌日の27日午後3時までは生存していたことが、遺品のメモから分かった。
 午後8時ごろ、3人は安全そうな岩場に身を寄せ、ビバークした。

27日朝は霧が濃かった。3人は午前8時から行動を開始。岩場から下るとまもなく、目の前にクマが出現した。
 リーダーA君がクマを押しのけるように進み、そのままカールの底の方へとクマに追われていった。A君も遺体で発見される。
 残った2人はカールを避けながら八の沢に出て、沢を下った。午後1時、砂防ダム工事現場に着き、車を手配してもらう。午後6時、中札内駐在所に2人は保護された。

1 2 3