1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

たこ焼きに新旋風! 色々面白いメニューができていた

新メニューに新素材など、最近のたこ焼きにまつわる情報をまとめた。

更新日: 2016年10月08日

mashikaraさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
52 お気に入り 37234 view
お気に入り追加

◆ イカスミ配合の真っ黒なたこ焼きが登場!

本場・大阪に真っ黒なたこ焼きが登場。「たこ家道頓堀くくる」を運営する白ハト食品工業株式会社は、大阪城前に「忍者たこ焼 黒たこ」を10月1日(土)にオープンする。

忍者をイメージしたたこ焼きである「忍者たこ焼 黒たこ」(6個600円/8個750円)は、自慢のだしが利いたふわとろ生地にイカスミを配合。闇に忍んだ忍者のように、見た目も真っ黒に仕上がっている。

また、忍者仕様のキッチンカー「黒たこ丸」も用意し、黒たこの他にも「忍ジャエール」などのドリンクも販売。オープン当日には、オープニングショーも開催する。

店舗所在地は、大阪府大阪市中央区大阪城1-1 大阪城天守閣前 広場。営業時間は10時~17時。

◆ なんとマルコメがたこ焼きミュージアムにコラボ参戦!

マルコメの”ダイズラボ”とたこ焼きの名店5店舗がコラボし、糖質控えめの「大豆粉」を使った今までにないたこ焼きを販売。

今回初となるお台場たこ焼きミュージアムとのコラボレーションは、糖質がちょっと気になる粉もののひとつ「たこ焼き」をおいしくヘルシーに食べていただきたいと考え、企画いたしました。

「お台場たこやきミュージアム」に出店している本場大阪のたこ焼きの名店5店(天王寺アベノタコヤキやまちゃん、芋蛸、たこ焼 十八番、たこやきの元祖 本家 会津屋、たこ家 道頓堀くくる)に、通常、たこ焼きに使用する小麦粉とは全く扱い方が異なる大豆粉を提供し、その特徴を活かしたたこ焼きを開発していただきました。

◆ たこ焼き・十八番のピンクのたこ焼きが話題になっていた

女性にとっても人気があるのが、桜色(ピンク)をしたたこ焼きです。カリカリっとした食感に加えて、中はクリーミーになっているので、止まらない美味しさになっています。

粉にだし汁、牛乳を加えた生地を流し込むと、タコ紅生姜に続いて赤い粉末の桜えびが一面に振られ、その上に丸みのある上質の天カスがぎっしりと敷きつめられます。

女性店主ならではのこだわりの品は、大きさ、軽い口当たり、つい次がつまみたくなるなど、心憎いほどツボを得たたこ焼きです。

◆ 串揚げ屋さんのたこ焼き揚げが斬新だった!

珍しい串揚げが食べられると聞き、やってきたのは道頓堀「串かつ合格や 千日前本店」である。なるほど、看板を見てみると「アイスクリーム揚げ」、「バナナ串」といった変わり種メニューも用意されているようだ。

いただいたのは「たこ焼き」の串揚げだ。大阪名物であるたこ焼きと同じく名物の串揚げの出会い、これぞ大阪が生んだ究極の一本だ!

食べてみると、外はカリッと中はふわっとした絶妙な食感に仕上がっており、食感の妙が素晴らしい一品だ。とにかくアツアツなので気を付けて食べる必要がある。

◆ 築地 銀だこに裏メニューがあった!

1 2





mashikaraさん



  • 話題の動画をまとめよう