1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ヒトラーのように「麻薬中毒300万人殺したい」…ドゥテルテ大統領の発言がヤバイ

過激な発言で知られるフィリピンのドゥテルテ大統領が、自らをナチス・ドイツの独裁者ヒトラーにたとえ、麻薬犯罪者を大量に殺害すると発言した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年10月02日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
31 お気に入り 71327 view
お気に入り追加

○ドゥテルテ比大統領が仰天発言

過激な発言で知られるフィリピンのドゥテルテ大統領が、自らをナチス・ドイツの独裁者ヒトラーにたとえ、麻薬犯罪者を大量に殺害すると発言した。

フィリピンのドゥテルテ大統領は30日、訪問先のベトナムから帰国し、南部のダバオで演説を行いました。

ナチス・ドイツを率いた独裁者・ヒトラーを引き合いに出し、「薬物中毒者を喜んで殺したい」と発言した。

○「麻薬中毒300万人殺したい」とヒトラーに言及

今年6月の大統領就任前に市長を務めていた南部ダバオ市での演説で表明した。

ドゥテルテ大統領は「ヒトラーは、300万人のユダヤ人を虐殺した。フィリピンには、300万人の薬物中毒者がいる。わたしは、喜んで彼らを虐殺する」と述べた。

「少なくともドイツにはヒトラーがいた。フィリピンには私がいる。この国の問題を片付け、次世代を地獄から救いたい」とも述べた。

○大統領府は釈明も、謝罪はしなかった

ユダヤ人の大量虐殺になぞらえ「私は喜んで麻薬中毒者を虐殺する」などと発言しました。

大統領報道官は1日、「発言がゆがめられている。大統領はヒトラーと呼ばれたいのではない。麻薬密売人300万人を虐殺したいと言ったのだ。次の世代やこの国を救うために」と釈明した。

○ドゥテルテ大統領の発言に波紋が広がっている

ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の被害者と、薬物犯罪者を同列に扱ったかのようなこの発言が「米国のユダヤ人社会に衝撃と怒りを引き起こした」と紹介。

アメリカのユダヤ人団体が、「麻薬中毒者や密売人をユダヤ人になぞらえることは不適切だ」と批判するなど、波紋が広がっている。

○国際社会から批判が高まることは避けられない

ユダヤ人の国際団体である世界ユダヤ人会議のロナルド・ローダー議長は激しく反発し、不快な発言であり撤回と謝罪を求めると主張。

国際社会から批判が高まることは避けられないものと見られます。

駐独フィリピン大使がドイツ外務省に召喚され、説明を求められたという情報もあり、大統領発言の波紋は今後さらに広がりそうだ。

○このニュースはネットでも話題になっている

というかヒトラーは割とヤバイ気がするんだけど大丈夫なの…?

ドゥテルテはヒトラーというより夜神月って感じがする

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう