1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

組み合わせヤバい。人気女優演じる『母と娘』が必見すぎる

人気女優たちが「母娘」に扮する話題作が続々と公開・オンエアされる。いずれも美人女優たちの共演が話題になっているが注目したいのはその演技。涙・笑いなど無くしては見られない、激しく心を揺さぶられそうな感動作が目白押しです。

更新日: 2016年10月07日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
30 お気に入り 68665 view
お気に入り追加

◆宮崎あおいと橋本愛

バースデーカードを通して成長していく娘・紀子(17―25歳)を演じるのは若手実力派女優・橋本 愛。紀子が10歳の時に若くして病死し、バースデーカードを書き残す母・芳恵に宮﨑あおい

家族を温かく見守る紀子の父・宗一郎にはユースケ・サンタマリア。一家のムードメーカー的存在の紀子の弟・正男に須賀健太。個性豊かな実力派俳優が集結

ママと過ごす最後の年になってしまった10歳の誕生日。ある約束をしました。それは20歳を迎えるまで私たち姉弟に毎年手紙を贈ること

そして翌年、母がいない11歳の誕生日に、本当に手紙が届く。「11歳ののんちゃんへこれからのんちゃんが二十歳になるまで、毎年手紙を贈るので楽しみにして下さい」。それから毎年届く10通の手紙は、私にたくさんの出会いと大切なものを届けてくれた―

オールロケの美しい景色の中で家族の時間が流れます。母と娘それぞれの思いに共感し、涙する女性も多いはず

先日、映画バースデーカード試写にて見てきた。宮崎あおいさん橋本愛さん母娘のあたたかな関係を縦糸に、周りの人間模様、日常を丁寧に紡いだ作品、どのエピソードもとっても良かった。ユーモアポイントの父息子ユースケ須賀くんがまたいいんだ。 pic.twitter.com/PCdkEzLQT2

仕事で秋公開の映画バースデーカードを観てきました。宮崎あおいの演技が感動でした。涙ボロボロです。橋本愛も良かったです!

この映画見たい!! 銀杏大好きだったわけじゃないけどこの2曲は高校の頃死ぬほど聴いたな… 銀杏BOYZ「銀河鉄道の夜」「BABY BABY」が映画『バースデーカード』の挿入歌に決定 realsound.jp/2016/09/post-9…

10月も観たい映画いっぱいやなあ 何者とバースデーカードと湯を沸かすほどの熱い愛

◆宮沢りえと杉咲花

銭湯「幸の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉(宮沢りえ)は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘(杉咲花)を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける

その日から、彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。"家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる"、"気が優しすぎる娘の安澄(杉咲花)を独り立ちさせる"、"娘をある人に合わせる"...母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うものだった

日本の“肝っ玉かあちゃん”ともいうべきキャラクターを演じきった宮沢の存在感

気弱で引きこもり寸前の娘・安澄には、今もっとも注目の実力派若手女優・杉咲花。母の死に向かい合い、たくましく成長していく安澄を圧倒的な力で演じ切り、観る者の心を捉えて離しません

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」の試写会へ。余命2ヶ月の母が最期に娘を旅行に連れていく、その衝撃の理由に俺を含めた観客全員が号泣。館内が涙、涙で一体感が生まれて終わったあとみんなでメシ食いに行こうみたいな雰囲気になった。 pic.twitter.com/bYSBA7cLhj

母の愛は仏の慈悲なり と昔の人は言った。 時に厳しくも優しさ溢れ、絶えず注がれるそれを見事に表現されていた作品。 脱帽です。必見です。 中野量太監督作「湯を沸かすほどの熱い愛」 愛おしさに出逢えます。是非劇場へ。 pic.twitter.com/PImGYS1BcA

◆比嘉愛未・ミムラ・佐々木希と鈴木保奈美

祖母の葬儀で久しぶりに会った三姉妹は、遺書を開き、驚きの事実を知る。ー許して下さい。あなた達のお母さんは生きていますー

1 2





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!