1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

だから干された?天狗時代を告白した芸能人たち

天狗だったとカミングアウトした芸能人たち。中には、それが原因で仕事が減り干された事を自覚した人もいたそうです。

更新日: 2016年10月06日

57 お気に入り 927462 view
お気に入り追加

■織田裕二さんが天狗だった事を語った陣内孝則さん

29日放送の「ダウンダウンDX」(日本テレビ系)で、陣内孝則が、柳葉敏郎と織田裕二の仲に言及

30年ほど前にサングラスをかけた織田らしき人物が前から歩いてきた際、織田は一切避けようとせず、陣内とぶつかりそうになった

数年後に織田と再会した時にはとても礼儀正しくあいさつをしてもらったようで、その時に織田への認識は改まり、現在は仲良しなんだとか。

▼そんな中、天狗時代を自ら告白した芸能人も・・

■ドラマの脇役で活躍の佐藤仁美さん

『とと姉ちゃん』では、雑誌の企画を通じてヒロインの友人になる康恵役を演じた佐藤仁美。

佐藤といえば、深田恭子や石原さとみ、足立梨花らを輩出した『ホリプロタレントスカウトキャラバン』のグランプリを1995年に受賞。

・20歳の頃、天狗になり干さてしまった

佐藤は9月27日深夜放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」に“嫌いなものが多い女“の1人として出演。トークの中で「天狗(てんぐ)時代の自分が嫌い!」と明かした。

20歳になって酒を覚えた彼女は、マネジャーに断りも入れずに仕事を早く切り上げたりする

「マイク付いてるから聞こえるってわかってるのに『どうして誰もお茶持ってこないんだ』とか」

ただ、仕事がなくなり「干された」かもしれないと、自分に厳しくなったという。

■「全員の女優とイケる」と思った小栗旬さん

小栗は「澤部君は、天狗になったことあるの?」と、ややつっこんだ質問を投げかけてきた

小栗が「そっかぁ。でも、俺はすごい調子に乗ってたんだよね。一時期、若い頃は何でもできるんじゃないかと思ってすごい調子に乗っていた」と堂々と告白。

ドキュメンタリー番組「情熱大陸』(TBS系)に2週連続で自身が取り上げられたことに触れ「あん時はアホみたいに調子に乗ってた」と告白。

舞台出演時に楽屋に挨拶にきた初対面の女優に対し「全員イケんじゃないか」と思っていたことも、澤部に明かした

■誰でも思い通りに動くと思った篠田麻里子さん

篠田に関してはドSキャラでしたし、後輩を見下しているメンバーとしてファンも認識していました。

「“AKBの麻里子様”はいわゆる天狗だったの?」という直球な質問に対し、「でしょうね。やっぱり売れちゃったから(笑)」とあっけらかんと語る篠田。

■キムタクに腹パンチをしたヒロミさん

1 2





何故だろうさん

イケメンと美女を中心に、お役に立つ雑学と疑問に思っている事をまとめています。