1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

トラブルメーカーだった‥カナダ遺体事件で容疑者の素顔が明らかになってきた

カナダ南西部のバンクーバー市警察は9月30日、語学留学中に行方が分からなくなっていた青森県出身の古川夏好さん(30)が遺体で発見され、ウィリアム・シュナイダー容疑者(48)を死体遺棄の疑いで逮捕、その後の調べで、容疑者が約20年の犯罪歴があることがわかりました。

更新日: 2016年10月03日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 322818 view
お気に入り追加

●カナダで不明邦人女性が遺体で発見された事件

カナダ西部バンクーバーの警察は9月30日、留学中に行方不明になっていた青森県出身の古川夏好さん(30)の遺体を市内で発見

警察は、連絡が途絶えた直後に、一緒にいたとみられる48歳の男を、死体遺棄の疑いで逮捕した。

・遺体で見つかったのは、青森県出身の30歳女性

遺体で見つかったのは青森県出身の古川夏好さん(30)で、ことし5月から語学を勉強するためにバンクーバーに滞在

バンクーバーに留学していた古川さんは9月7日夜、自宅に戻った姿が目撃され、

先月8日に友人とメッセージアプリでやりとりをしたのを最後に、行方が分からなくなっていました。

バンクーバー警察は「遺体を古川夏好さんと断定しました」と話した。

・遺体は、敷地内に埋められていた可能性があることがわかった

遺体は、発見された住宅の敷地内に埋められていた可能性があることがわかった。

複数の近所の住民によると、遺体が発見された日に、警察官が敷地内の地面を掘り起こしていたという。

・遺体は28日夜、「幽霊屋敷」として知られる空き家で見つかった

古川さんの遺体は28日夜、地元では「幽霊屋敷」として知られる空き家で見つかった。

住宅は、砂糖精製会社のオーナーによって1900年ごろに建てられました。

・建物の前には、多くの花やロウソクが手向けられている

地元の新聞は一面に古川夏好さん(30)の写真を掲載していて、事件がこの地域に与えた衝撃の大きさを物語っている。

●逮捕されたのは、ウィリアム・ビクター・シュナイダー容疑者

警察は、シュナイダー容疑者について、詳しい容疑などを明らかにしていません。

・容疑者は、9月8日に被害女性と歩く姿が防犯カメラに写っていた

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。