1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ヨーガ・スートラ

『ヨーガ・スートラ』(瑜伽経、ゆがきょう、とも)はインド哲学の1派であるヨーガ学派の根本経典。成立は2-4世紀頃。パタンジャリによって編纂されたとされる。『スートラ』は『糸』の意味であり、糸のようにパタンジャリが説いた短い言葉を連ねたものである。
「ヨーガとは心の働きを抑制することである」の定義から始まり、三昧に至るまでの具体的方法としての8階梯と、その背景にある思想が述べられる。

第1章(51節) - 概要・定義など
第2章(55節) - 禁戒、勧戒、座法、調気法、制感など
第3章(55節) - 凝念、静慮、三昧など
第4章(34節) - 補足など

こちらのまとめもどうぞ!

1